上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のmy記事をつらつら読んでみると
まぁ、子供が長老に話した事実はわたしに話した事以上に深刻だったのかもしれませんね。
だから一方通行的な丸太の判断は間違っているかもしれません。

でもその主宰は普段から成員を傷つける言動が多かったので
丸太も信用していなかったし、他のbsたちも丸太家に非常に同情的で
排斥になった子供に話しかける姉妹も多々いましたからね。



どちらにせよ、誰も弁護もできない中世の魔女裁判のような取り決めに問題があるのであって、
悩むのはアホらしいですが、受けた傷は大きくてなかなか癒えないわけなんですよ。
放火する信者がいるほど、JW特有の、人が人を裁くナンセンスな取り決めなんです。
パりサイ人と何ら変わりませんね。
こんなもので人を縛ったり、人生を変えられるなんて、ほんとうにあってはならないことです。
そういう狂気がJWの中ではまかり通っていて
実際 丸太自身もその中に浸かって 長い間疑うこともしなかったなんて
全く「愚」です。


愚かな世界に目覚めてほんとうに良かったです。










ps.
こんなところでお名前出すのも何なのですが
Dさん、昨日のコメの「末端信者さんへの個人攻撃と組織が標榜し公言する教義と組織体としての不備への指摘を混同されている・・・」の意味を考えてみたのですが
よくわからなくて・・・
もしご迷惑でなかったら、お時間のある時にご説明いただけると助かります。
すみません。
お馬鹿で理解ができなくて・・・
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/8-2f1355ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。