上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚当初の願いはささやかなものだったんです。

元々家にいるのが好きな丸太は、子供の服を縫ってあげたり、好きな手芸や読書を楽しみながら、あたたかい家庭を築きたかったんです。
ただそれだけです。
夫に出世してもらって金持ちになりたいとか、高価な服や宝石が欲しいとか、そんなこと望んでもいませんでした。


でも20うん年経ってみたらこのザマです。




きょうは今の自分の考えをメモ代わりに残しておきたいと思っているんです。
長くなるのでスルーしてもらっていいですよ~





特に夫婦関係において「今」自分はどうすべきなのか、真に何を望んでいるかをここのところ考えていたのですが・・・
離婚することは決まっていて、おおよその時期とか諸々のことも大体はまとまっているんですが、これでいいんだろうか、という思いもあるんですよね。

「離婚」という話になったのは、丸太が両親の介護でぼろぼろになっていた時だったので、投げ遣り気味の感もあったんですよ。特に丸太的に。夫の非協力的な態度にも猛烈に怒ってたし。


でもね、
格好つけるわけではないのですが、
一番に願っているのは夫の幸せです。

もし今 穏便に別れれば、夫の実家は裕福ですから、親族からの紹介もあるかもしれないし、新しいパートナーが見つかるんじゃないかと思うんです。そうして新たな出発をしてほしい。

そのために「離婚」するのが一番いい方法だと考えているのです。

「夫の幸せ」。
これはほんとうに一番願っています。





再び二人で頑張ってみるという選択はないのか・・・?


JW.comのどせいさんが記事を更新されて「エホバの証人と夫婦関係 」に関しての考察を書いてくださったんですよね。

最後の判例の中にもありましたが、「7年の別居生活の間に生じた夫婦の間の亀裂は埋め難い。」
まさにこの言葉のとおり、深い深い溝を埋めることはとても難しいです。

ウチは夫の単身赴任生活がほぼ7年なのですが、それ以前から夫は日常いつも怒ってる状態でして・・・
丸太がエホバの証人から聖書について学び出してからずっとなわけですから、もうとても長い間怒ってます。
その間に生じた溝を埋めるのはとっても難しい・・・



今頃 JWの間違いに気付いて出てきても、時すでに遅し、です。
もう水に流せないんだと思います。



どせいさんの考察の中の エホバの証人教理が夫婦にもたらす影響のマイナス面・・・これまさにこの通りですよね(l|゚Д゚l|l)

こんなことを配偶者がし始めたら、自分だったらどうでしょうか?夫の身に置き換えて考えてみると、とてもじゃないけれどおおらかに接するということはできないのでないかと思います。この理不尽な苦しみから逃れるためには 寛容になって見過ごし自分が我慢するか、さもなくば別れるか、残る一択は最悪自分も信者になるかですよね。

毎日「霊的な」何かがあるわけですからー集会か奉仕がー夫はいつも不愉快で怒っているわけです。諦めるっていうこともできなかったんでしょうね。



それに今では単身生活にすっかり慣れてしまって、誰にも煩わされない 一人暮らしの暢気さも捨て難いんじゃないかとも思います。

一方丸太もこれに慣れてしまってるんですよね。口うるさい夫がいない。これほどのびのびとした生活はありません。
夫の幸せを願ってるって言いながら、こんな気持ちの一面があるのも認めなければなりません。


そうは言っても
「やっとJWの間違いに気付いてくれたか!?! これからは家族仲良くやっていこう!」という夫の思いがあるのなら、丸太に異存はありませんよ。これまでかけた迷惑と苦労のお詫びに一生懸命尽くしたいと思います。
でももはやこんな気持ちは無いみたいです。


それにウチの子供達は精神的に不安定になることがあるんですね。そういう時の家庭の雰囲気に耐えられないって言うわけなんです。
子供に同情心を抱けない父親とうまくやって行くのはすごく難しいんじゃないでしょうか。

「ごるぁああ!!! あんたも親の一人じゃ! 責任取らんかい!!!」と言いたいですけど、もう一方の責任の一端は丸太にあるわけで・・・


やっぱり ややこしいこの家庭から開放してあげるのがベストではないか。そんな風に考えるわけです。





でもねぇ、財産分与に関しても至極冷静に話せる夫と丸太。月に一、二回一緒に食事をするんですが、かつてないほど穏やかに話せるんですが、もうすっかり気持ちが他人になっているからなんですかね~
こんな大人な二人ならなんとかうまくやっていけないものかと、ふと思う今日この頃です。

もっと ほんとうにどう思っているのか つっこんだ話し合いをすべきなんでしょうか?


うーーーん、でも「これはもう決定事項だから。」って言われたしな~





あ、そうそうここでもっぱら書いているのは丸太の一方的な主観で、夫のいい点も丸太の欠点も書ききれてないことがたくさんあります。

「こんないい奥さん そうそういないと思うけどねー。」なんてよく子供と話してたんですが、夫の一番きらいなことを毎日熱心にやってて、どこがいい奥さんなんだか(;´Д`)

それに、丸太はぐちぐち愚痴を言うのが嫌いなかわりに 必要なことをも言わずに控えてしまうところがあるんですよ。現役JWの頃は特に「頭の権」を非常に重んじてましたからね。「それは違うんじゃないか」とか「こうして欲しい」ということも言わないのはとってもいけませんね。口に出さなければ人の気持ちなんて汲み取るのは難しいですよね。これが丸太の最大の欠点です。

いや分かってるんですよ、よく。なかなか性格は変えられません。





いつものようにだらだら書いてしまって まとまりませんが、どうしてあげるのが一番いい方法なのかがね、「こうしなさい!」って誰かに決めてもらえたらありがたいんですけど・・・
子供以下ですね。こんな戯言 言ってるなんて。
ついでにもう一言「戯言」言ってもいいですか?



人生もう一回やり直せないだろうか。。。。。。



すごく寂しいオチになったので、書き換えますw


ええっと、

熟年パワーをばかにしちゃいけません。
丸太もこれからです!

希望を捨てずにがんばります!    

(*・ω・)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/73-4b7dafbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。