上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「神が実在するなら、何故邪悪なこと残虐なことが放置されているのか?」という疑問がエホバの証人になるよう動かした疑問の一つですが、「自分は何者か、人は死という運命を避けられないのか?」という恐れもその一つに入ります。

信仰をすべてリセットした今、これらの疑問に対する答えも白紙に戻りました。


JWから逃れた喜びの時が落ち着いて、最近『死』に対する恐れがまた頭をもたげてきていて、しかもそれがエホバを知った時よりさらに『The end』に近いわけです。年齢的に。眠りに落ちる前の静寂なひととき、無性に恐くて胸がどきどきすることが時々ありました。まるで「中二病」ですね(笑

この歳になってなんと往生際の悪いことでしょう・・・


それが、すぅっと薄らいでいるんですよね、ここのところ。どんな自己暗示をかけたのでしょうか?
どうもそれは、先回書いた天童荒太さんの『悼む人』を読んだことと関係があるようです。この書の中の何に?と問われても何ページのここの記述です、とは答えられないのですが、不思議に癒されたというか安らぎを与えられたというか、もっと文の才があれば明示できるのかもしれません。何とさみしいことよ・・・


それから、あともう少し読み残している福岡伸一さんの考え方というか、彼が科学的実証学的(?)に得た知識とも関係があるように思います。

彼の著書『生物と無生物の間』という本はベストセラーにもなったそうなんですが(さもありなん)、そもそも彼の著した本を読みたいと思ったのは、NHKの爆笑問題の「日本の教養」という番組の中で知ってからです。

毎週楽しみに見ているのですが、その中で福岡さんは、よく川辺に佇んで水の流れをみることがあると言われていました。そしてこの文章を思うのだと。

「行く川の流れは絶えずして元の水に非ず。澱みに浮かぶ泡沫はかつ消えかつ結びて留まりたるためしなし。世の人と棲家とかくの如し。」

これこそ丸太の人生観そのものなんですよ(ソロモンも近いこと言ってますね・・・汗)。学生の時に知ったこの鴨長明の『方丈記』ほど丸太の懐にすとんと落ちたものはありません。

福岡さんもこの文を引用して、人間の体もこの水の流れと同じだと言われた。一年前の自分と今の自分は同じ人間のようで実は全く別物になっているのだと・・・
つまり体を構成している分子は絶えず入れ替わっていて、同じ人として留まっていることはないのだと。その言葉に非常に興味をそそられて、福岡さんの書かれた著書を読んでみたいと思ったのでした。
ほんとうにこの本面白いですよ~  興味深いです。
丸太のように教養の浅い者に、「知った!」という喜びを与えてくれます。DNAの螺旋構造について平明に知りたい方は是非この『生物と無生物の間』という本をご覧になってみてください。



それで今日は何を言いたかったのか忘れしまいましたが(;´Д`)
読書は素晴しい!ということでしょうか。

「美しく生きるための10の条件」とか「賢く儲けるための10の法則」とかのハウツーみたいな本も時には役に立ちますが、そういった言わばサプリメントのような安易な読み物ではなく、時間をかけて様々な栄養素になる豊かな食事のように、少し分厚い努力のいる本をお読みになるようお勧めします。直接自分の悩みに答えてはいなくても時が経てふと思い至るような良い考えをもたらしてくれるかもしれません。


・・・・・・なんて偉そうなことを言ってしまいました。



まだまだ丸太の死への恐れは克服できたわけではありませぬ。
ただ取りあえず、受け入れなければならないということ、そこに至るプロセスを、つまりは自分の人生をよりよく生きるようにしたい という願いは、 エホバの証人であった頃より より人間的に考えることができるようになりました。

自分なりに進歩している、と喜ぶことにいたしましょう(*´∀`*)



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/61-0fd63e24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。