上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「もしエホバを知らなかったらどういう風に生きていただろう?」
考えても仕方のないことが時々ふと頭に浮かびます。少し虚しさを伴って・・・
二世の方の無念さを思うとこんなこと書ける立場じゃないんですが 流してくださいね。



復活を信じていたので、きちんとお別れの言葉を交わさなかった両親のことが一番に思い浮かびます。
「復活があるからまた会えるよ。」なんて歯の浮いたようなことは言えなくて、それは良かったのですが、これが今生の別れという認識があれば色んなことがもっと違っていたのではないか・・・  そう思えて仕方がありません。
以前にも書きましたが 母は特殊な病気で、病状が進んで呼吸筋がやられると、脳が生きていても(結果的には血液中の酸素が無くなって脳もやられるんですが)呼吸不全で絶命するんです。でも人工呼吸器で その息さえ保ってあげればもっと何年も生きられたんですね。意識ははっきりしていますから。
もし復活の希望など持たず、今の命の重みをもっと真剣に捉えていたら、人工呼吸器を付けるように母をもっと説得したのではないだろうか・・・

この件はきちっと文章にして 心のけじめにしたいのですが、長くなるのが目に見えているので なかなか取りかかれません。




二世の皆さんの五十代、六十代の親御さんの世代が 今さら真実を知って混乱するより 気付くことなく 復活と楽園を信じていてくれた方が良い、という言葉をよく目にしますが、なるほどその通りだとも思えます。真実を知ると残りの人生が急に目の前に迫ってきて、本当に浦島太郎が竜宮城から帰ってきたみたいに一気に年を取ったような気がしています。竜宮城はこの上ない楽園だったところがJWの奴隷と全く違いますが。

JW一世の人たちは大概ある程度無垢な信仰を抱いてエホバにお仕えしたいと願って生きていますからね。組織への信頼が無くなり、楽園や復活といった希望が無くなると、実際かなりツラいものがあります。目の前の現実に目をつぶらされて生きてきたのだから、急に現実社会と向き合うのは厳しいです。



あ、ここでもう一度はっきりさせておかなければならないのは、もう一度JWに戻るとか、辞めたことを後悔してるとかは絶対ないです。




でも、思うんですよね。
今さら知らない方が当面は幸せだとしても、もし十分老年になって知ったなら、自分の人生のつまらなさに愕然とするんではないでしょうか。

何十年も、そして全精力を傾けたものが水泡に帰してしまったら。

自分の場合、まだ余力があるし、健康だし、生きる目的は見いだせないとしても、沿って生きるものくらいは見つけれるのではないかと思えるのですが、それでも何かを目標に とか そんな充実感みたいなものはなかなか見出せないような気もします。




孫が生まれたりしたら、メロメロになったりして・・・笑




だから やはり出来るだけ若いうちにJWはカルトなんだ、その教理も希望も聖書に沿わない偽りだ ということに気が付くべきです。
そして老年期に向けて金銭的にも備えができるようにすべきだとつくづく思いますね。



だからといって丸太も親しかった兄弟姉妹たちに気付いてもらう手立てが見つけれるはずもなく。


友人に JWに入る前にも鬱があったのに入ってからはひどい躁鬱になってしまった姉妹がいるのですが、生真面目だから何をするにも一生懸命で、楽にしてあげたい、重い荷は下ろしてもいいんだよ と教えてあげたい気持ちと、果たして真実を知り今さら希望がなくなったら 彼女は生きていけるだろうか、とも思案するのです。




文書はかなり処分したのですが、あれだけ研究と称して熱心に予習していた雑誌も全く無価値に思えるのが不思議でなりません。
それは結果的には自分自身への疑心暗鬼にもつながっていくのですよ。たとえJWが巧みなカルトだとしても、まんまと罠にはまる自分って・・・





これだけ忌み嫌う事柄が今までにあったかなぁ。。




そうですね、「世」のサタンがらみのことですね。
X-Japanとか ありえねーっと思ってましたね、そう言えば。あの化粧が。


なんというかJWを忌み嫌うというか、ある意味それ以下の 関心が全く無い!というか、これだけのカルチャーショックって他にあるだろうか??




心と心意気だけは守らないと。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/53-ed96299e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。