上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かさわやかな気持ちになれるような楽しい記事を書きたいのですが、JW関係でそれはなかなか望めませんね(;´Д`)


ということで今日はウチの超ラヴリーな猫の話題など。
ここで猫嫌いな方はさよならかもしれませんが、何気に元JWの方には猫好きが多いような・・・

こちらの地方では一昨日の夜から雨が降っていたわけなんですが、昨日は、とある関東地方のとある駅ではこの秋雨に濡れながら嘔吐と下痢に泣いていた方もあるようで・・・
(ごめんなさいゲハジ殿、冗談に使ってしまって。。)




ウチには二匹猫がいるんですが、もう14,5歳になるお兄ちゃん(もう一匹とは他にゃんですが)はとても性格のいいネコたんです。
そして、落ちてくる雨をじっと見てるのが大好きなネコたんです。
たぶん大好きなんだと思います。本人に直接聞いたことはないけど一日中でも外で見てるから。

今年の熱い夏中、エアコンの嫌いなこの猫くんは外にいたくせに、少し涼しくなってからは家にいるんですよ、ずっと。
それなのに雨が降ると、食後にヒョイと外に出て、テラス(つまり外の屋根のあるところ)の縁側もどきにうずくまりずっと飽きずに雨を見てるんです。

何がおもしろいのかなぁ、っと同じ目線で見てみるんですが、ウム、そんなにずっと見るほど魅力的にも感じられない・・・
確かに窓外の雨を見ながら物思いに耽ったりすることがこの丸太にも無いわけではありませんが、ずっと眺めているほどでもないけどなぁ。

何考えてるんだろ?

家族の大方の考えは



「何も考えてない!!!」



なのですが、その横顔を見ていると、いかにも珍しいものを眺めているような面持ちで、詩でも作っているかのような・・・



猫好きは多いけれど、猫研究というのは意外と進んでいないように感じられるのですが、猫って一般に考えられてるよりずっと賢いんじゃないですかね。



夏目漱石の「我輩猫」もご主人にあの名作を書かせるだけの才覚があったのじゃないかしらん。




もうこの雨好きの猫もすっかりおじいちゃんと言える御歳ですが周りの者がどれだけ慰められるかわかりません。

理屈じゃなくってその存在自体が人を慰めるようなそんな人になれたらいいですね。
自分もJW出てからかなり丸みが出てきたようには思うんですけど。



あ、体型じゃないですよ、heartですよ(*´∀`*)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/50-d822993e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。