上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JW系ブログを止める人あり始める人ありですが、現時点でもたくさんありますね。拝見しているとあっという間に時間が経ってしまうわけですが、考えさせられることが多いです。


先日、そのブログをあまり読んでもいないのにオフ会の記事を転載した丸太ですが、去年の今頃初めてJWブログを目にして驚きのあまり徹夜した日もあったくらいでしたが、ばうちんさんはその頃(いつも継続しているみたいですが)複雑でやりきれない問題があって語気が強くなっておられたのか、びびりの丸太は読むことができなかったんですね。

この前のレスにも書いたのですが、ばうちんさんのブログに対する「恐れ」の背景には二つの理由があります。
・ひとつが前述したように丸太は「親に叱られたことがない」ゆえに、言葉の強い人が苦手なんですね。それは単純な恐れです。
・もう一つの理由は、ばうちんさんの受けた虐待の事実がJW一世で親の立場にある丸太を無言のうちに責めるからなんです。ばうちんさんのやり場の無い怒りが、意図せずに丸太を 連帯していた者として責めるわけです。(その頃丸太はまだJWに出会ってなかったとは思うのですが・・・)
JW組織をつい最近まで支持していたんですからね。

それでもオフ会の記事も転載したし、がんばって読んでみようとチャレンジしました。始めの方数回分読みました。



辛すぎます・・・



あれは懲らしめという名を借りた、虐待、つまり犯罪行為じゃないでしょうか?

子に対する親の虐待について世間で大きく取りざたされるようになったのはここ数年ですが、あの虐待が今日行われていたなら、完全に刑事告発されてますね。たぶん。
子供への虐待は親に嫌われることを恐れるためにその証言が得られず(ばうちんさんの場合は明らかに恐れのみでしたが)摘発が難しい場合が多いようですが、あれは虐待以外の何ものでもありません。


単なる同情をばうちんさんは猛烈に嫌われることは承知していますが、どんなに辛かったか、どんなに逃げたかったか、どんなに助けを望んだか、いえ、もうそんな感情も持てず、ただただその時が過ぎることを待ったばうちんさんの幼い気持ちを思うと、泣けて泣けて仕方ありませんでした。


悪の道に走らず、よく思いやりのある大人になられましたね。自分の力で自活し、理解のある賢明な妻を得、お子さんにも恵まれてほんとうによかった。立派です。


ばうちんさんほどではなくても エホバの懲らしめという名のもとに虐待を受けた多くの二世の方がいらっしゃいます。傷付いた心を持って生きています。
一方で、脱退する人が多くいても根幹は揺るがないエホバの組織。
何とかならないものでしょうか。



このように言いつつも、やっぱりばうちんさんのような経験を読むと少し元気付いていた丸太も再び落ち込んでしまいます。


ごめんなさい。ばうちんさん。  少しづつは読みすすめますが、一度には無理です。自分の心のケアをしながらちょっとづつ拝見させてくださいね。なので、今編集を進めておられるようですがあまり省略せずに残してもらえたらありがたいです。



あれ?ばうちんさんへの手紙のようになってしまいましたね。マナー知らずでごめんなさい。





この6月から8月、自分の状況を見つめてみたいと思って、自営の仕事を開店休業状態にしていた丸太ですが、自活の道を探らねばならず、それにやる気も少し出てきたので、少し忙しくなると思います。

やたら長いつまらない丸太の半生記も書いたことだし、あとはあれほど熱心に信仰していたJWの何に疑問を抱いたのかをゆっくり思い起こしていけたらと考えています。


「丸太の半生記」を読み返すと自分の浅はかさがはっきり見えて 情けない思いもしますが、今は前向きです!



ここを見てくださっている心優しい皆様、ゆっくり長い目で見てくだされば、と願っています。


これからもよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/40-0560a70a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。