上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は「認知症」という言葉が使われて、ボケとか痴呆とかはふさわしくないみたいですが、文中にこれらふさわしくない言葉が出現しますことをお許しください。


少し変わった形で患った丸太の「ウツ」の話です。参考になる方もあるかもしれません。。。



新潟で大きな地震があった(新潟中越地震)ちょうどそのニュースが、丸太の母の通夜の控え室で流れていました。

母は10万人に2、3人という難病で、とても辛い闘病生活を送って亡くなりました。
ちょうどその1年前には、共に母を介護しようと励まし合っていた優しい父が、胃癌のため7ヶ月の闘病生活の後に帰らぬ人となってしまいました。

誰よりも丸太を理解し愛してくれた優しい両親がこうしてバタバタと亡くなり、その悲しみと看病の疲れから発症したのでしょうね。

両親を遠い故郷から丸太の住む町に移動してきてもらった年には、夫の父の死や丸太自身の癌の手術など、ほんとうに色々な事が重なった年でもありました。

母が亡くなって涙を流さない日は一日も無かったのですが、半年くらい経った頃に、色んな症状が現れ始めました。



お買い物をした時、主婦って小銭が出ないように、うまく計算して払うじゃないですか。例えば、926円なら1026円出して、100円きりよくお釣りをもらうようにとか。
それが1000円いくら払うのに、お釣りが小銭でじゃらじゃらって返ってくるんですよね。
「あれ?間違えたかな?」と一度目は思いましたが、そうしたことが三度続いて、これは何かおかしい・・・と身震いしました。
そう言えば、最近料理の味がおかしい。
作り慣れてるものなのに、作るたびに味が違う。家族はあまり気が付かなかったみたいなんですが、そのうちに三つのガスコンロでも手際よく扱えたのに、二つのお鍋を同時に使うと、片方が焦げたり味が変だったり・・・???
スーパーにはいつも予めメモして行くのですが、メモを持っているのに、入り口に立った途端何を買っていいのかわからない・・・


「もしかして、自分は痴呆になったの?
 若年性の・・・?!?」



もうね、ほんとうに焦りましたよー。
今自分がボケたら家族に迷惑がかかる・・・

それで計算ドリルを買ってみた。
簡単な計算なのに頭の中がスパークしたみたいですごく疲れるんですよ。

久しぶりにピアノも弾いてみた。
弾ける人にはわかると思うのですが、そんなに意識しなくても両手が勝手に動くでしょう?普通なら。
それが一生懸命やらないと右手と左手が同時に動かないんですよ。

  ???

とにかくボケには音楽とかが絶対いいはずだ!
と考えて、昔やっていた楽器をヤマハに習いに行くことに!ボケてるのにどんだけポジティブなんだ。。。
楽器自体の練習は楽しいのですが、町にあるレッスン場に行くのがなぜか緊張するんですよ。慣れない地下の駐車場とかそれが空いていなかったら他の駐車場見つけて入れなきゃいけないし。。。


そんなこんなの努力にもかかわらず、ボケはどんどん悪くなり、自分が水槽の中に入っているかのような感覚になってきたんですね。
それでいつも行くクリニックで症状のメモを片手に相談すると。。。

ごく簡単に



「それは鬱でしょう。」



「えぇえええ!?! 
鬱なら治るんですね!?!
痴呆じゃないんですね?!?」



そう言えば、母が亡くなってからずっと泣いていたんですよ。夢の中でも。
「こんなに親によくする人は見たことがない。」と看護婦さんたちに言われるくらいだったのに、もっとできることはいっぱいあったのに、と悔やまれて悔やまれて自分を責めてもいました。
夜寝る時には「もうこのまま目が覚めなければいいのに・・・」などと、生まれて一度も考えたこともないような思いを募らせてみたり・・・

ウツのせいだったんですね。
辛い気持ちで体が駄目になってしまうのを防ごうとして脳がボケたようになるのだそうです。


家族にも友人にもウツの人が結構いるので、よく知っていたつもりでしたが、自分がうつ病になろうとは!
後ろ向きに物事をとらえるということがあまりない自分だったので、思いもよりませんでした。


最近のお薬はすごいですね。
3日目くらいから、目の前がぱぁーっと晴れて気持ちが明るくなっていきました。
でも、自分が水槽の中にいるような感じ(離人症)はなかなか抜けず、気持ちが悪かったのですが、それも三ヶ月くらいしたら良くなっていきました。

お薬はい1年半くらい飲んだでしょうか。
最後の3ヶ月くらいは包丁でお薬を少しずつ削って減らしました。


こうして痴呆様のうつ病は良くなったのですが、脱エホバを決意してから数ヶ月。
またちと、おかしい。

今度はどんな手でヤツはやってくるのか。
ちょっとわかりませんが、最近意欲がないので、またクリニックで相談してみます。



思い起こせば、父と母が同時に違う病院に入院していた頃、何が辛かったって、両親のその姿を見るだけでも辛いのに、集会を休まないようにという会衆からの圧力がとてつもなく大きかったんですね。あれが無かったらどんだけ楽だったことか・・・


ホントにトホホな宗教です。



「年寄りはわがままだからねぇ。」という主宰監督妻の言葉は丸太も上の子も絶対許しませんよ!

「世の人」でしたが、過酷な闘病を穏やかに立派に闘って逝った両親のことを、丸太はとても誇りに思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/33-4971b2d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。