上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここご覧いただいてる心優しい方々、きっと先回の記事を見て心配してくださってると思います。

ありがとうございます^^


予約していた「鍼」に行ってきましたよ。
それまで仕事の時だけ鎮痛薬を飲んで、
あとは痛いのとだるいのとで、だいたい横になってました。
(ご飯は作って食べてたw)



なんかね~、詳しい触診と問診をしてから「鍼」と「マッサージ」をしてもらうんですが
施術した後ももう一回問診とって、今回は軽い治療だけでした。

自覚は無かったんですが、肩はすごく凝ってたみたいで
首と肩のマッサージですごく体中の痛みが違ってきました。
一日しかもたなかったけど。。


でも、すごく「鍼」は合うみたいで(by 鍼のドクター。六ヶ所打っただけで効いたんだからね~)
しばらく週一で通うことになりました。(これだけ痛いとこが多いとかなり日にちはかかるらしい)
あとは漢方薬と、その吸収を助けるビタミン剤をいただいて試しています。

自営の仕事は当分休業です。
好きな仕事だからやりたいけど、腕と目を使うのでしばらくは無理ですね。残念だけど。



それでね~、なんか今回丸太的にはびっくりすることがあってね。
ぜひ聞いてもらいたいんです。(きょうも長いヨ)

以下、丸太と医師の会話。
(ドクターは見た目プロレスラーに成り損ねた体育会系みたいで、ものの言い方はバンカラ風?。。)

丸太:「あの、ぐったりしてたときに一つ気付いたことがあったんですが、言ってもいいですか?」
先生:「ああ、どうぞどうぞ」
     ・
     ・
以下順番で。
「先週、ぼやーっと『のだめカンタービレ』を観てたら、痛みがすーっと消えるのが分かって
 びっくりしたんです。あのマンガが原作のヤツで先生はご存じないかもしれませんが。」
  (あれ以来『アンドレア・ボチェッリ』を毎日聴いてる。のだめとは関係ないけど)
「知ってるよ。そりゃあ、良かったねー」

「はい。中高と吹奏楽をやっていたので、やっぱり音楽に癒されるんだと思います」
「ほう。楽器は何をやってたの?」
「はい。トロンボーンとクラリネットとフルートです。トロンボーンが一番好きです。」
「欲張りだねぇ。いいなぁ。ぼくも楽器をやりたかったんだけどできなくてね。。」

ここで看護婦さんが「だから先生は体を楽器にされたんですよね~」と一言。
実は丸太も病院のサイトで先生の趣味が声楽(テノール)って知ってて話をふったんですが。

先生:「あの『のだめ』のピアノ弾いた人、ぼくの歌の伴奏をしてたんだよ。」
丸太:(内心、しぇえぇええー!?! 古) せ、先生すごい人なんですね!」

あろうことか、先生はプロの声楽家だったのです。
それで看護婦さんが来月行われるコンサートのパンフを持ってきてくれました。

丸太感心してパンフに目が食い入るばかり。
がんばれば自転車で行ける距離なので、行ってこようと思います♪

それから少し音楽談義などして。。

診察が終わって立ち上がろうとすると、先生の口から、あの見かけプロレスラーの出来損ないみたいな体の口から

「神様は助けてあげたいと思ってくださってるから、必ず治る。安心しなさい。
 わたしたちの体を作ってくださった神様なんだから。」


丸太、目が点。


ここでそう来るとは予想だにしていませんでした。
さらに不用意な一言が丸太の口から!

「あ、あの、わたし20数年クリスチャンやってて、二年ほど前に止めたんです。。
 いろいろ納得のいかないことがあって。。」


これには先生もちょっとびっくりしたみたいで(でも俄然張り切りだされたのが分かったw)
先生:「間違った訳で読むとそうなる。原語で読むと正しく理解できるよ。」
丸太:「ほんとうにそうだと思います。」

「福音書で『心の貧しい人たちは幸いです』とあるね。あれは訳が間違ってるから誤解が生じる。
 心が貧しかったら幸せなはずないよね。どういう意味だと思いますか?」(by バンカラ)
「霊的に貧しい。つまり霊的に満たされていない状態で、そういう目に見えない霊的なものを求める状態だから幸い、とイエスは言われたのだと思います。。ごにょごにょ」

(ここは教会か?)

いろいろ説明(説教?)してくださったのですが、全然いやみな感じではなく。


わたしがルカの書の三章(系図のところね)が好きだと言うと

「ルカはわたしの師です!どれだけこれまでルカ先生の言葉に励まされたかわかりません。」

きゃー! これやばくないですか? なんと言うか、また来た的な(汗


「失われた羊や放蕩息子の例えもある。神様は丸太さんをここまで導いてこられたのだから」
「わたしは『失われた一匹の羊』の話には少しアレルギーがありまして。。」
「うむ。その心のアレルギーはいけないね。それが体のアレルギーの源でもある。」
「そうなんですか。。。。。。。」

それで先生が書かれた医学的見地から見たルカの書の解説書のコピーを少しいただいてきました。



なんですかね。 この巡り合わせ。

以前の丸太だったら、「神様がここに導いてくださったんだわ!なんてわたしは幸運なんでしょう!」ってなってたんでしょうけど、
今はまだ聖書アレルギーが強くて、聖書を開く気さえありません。


感動というより奇妙な心持ちがして、その日は寝るまで変な気分でした。




まぁ、今わたしは霊的に言うと さまよってるわけなんですけど、

先々週に長女の住んでる家の近くのお寺に、あるご縁があって
「仏教」に関心が傾いてたときだったんですよね~



ちょっと手が疲れてきたので
その話はまた~



来週、というか、今週の土日(30日と1日)、高円寺で

『高円寺びっくり大道芸 2011』という楽しいイベントがあります。

お近くの方はぜひ来てみてください!
楽しいですよ~


ひびチャズケさんと出会ってから一年になるんですね~


わたしも楽しみにしています。 もちろんチャズケさんたちも参加されますよ(*´∀`*)

チャズケさんたちのサックスアンサンブルはJR中央線・高円寺駅の南口ロータリーで
二日とも12時(正午)から演奏されます。

二日間で計6回の演奏を場所を変えてされます~♪

ニコニコ(*´∀`*)





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/168-cc27a6ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。