上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.21 言葉もない。

東北関東大震災から10日ですね。

あまりの被害の甚大さに言葉もありません。




ここのところ黙して一生懸命働いていました。

花粉の時期で、今年は症状がひどい人も多く薬局が忙しいので余分に出勤し、
家での仕事もがんばりました。

月給制で働いてるわけじゃないから、働く時間に比例して収入が増えるわけです。
少しでも余分に災害に遭った方々の義援金に充てたいと思っています。

今はそれくらしかできないものね。




地震の日(3月11日、金曜日)には
午後2時46分。後から訂正されたマグニチュードは9、0。宮城沖。

余震が続いて 午後3時06分。マグニチュード、7、0。

午後3時15分。マグニチュード7、4。茨城沖。

思わず手帳に書いていました。
もっと関東南部にも揺れが来るのでは、と思って念のためでした。
関東に来る!っとほぼ100%思いましたねー。恐かったです。




13日にはスーパーからパン、水、お米、カップ麺、乾電池、トイレットペペーが綺麗に消えていました。
丸太家が気付いたのは夕方で、お隣のドイツ人の方がお水をいっぱい買い込んで帰宅されたのに出会ってからです。
チェルノブイリの時の経験があまりにも大変だったそうで、まず水をいっぱい買っておられました。


丸太は中国地方で育ったためあまり大きな災害の経験がないのですが
ずーーーっと「関東直下型地震」とか「東海地震」とか言われ続けてきた人々が慌てるのも仕方ないかなぁとも思えます。

東京地方の家はだいたい部屋も家も狭く、普段ストックするっていうのも難しいんですよね。



でもね、きのう猫の砂を買いに行ったら、最後になってた三つを買おうとしていたおじさん(自分もあばさんなのにw)に
「それ一つ譲っていただけませんか?」って聞いてみたら
「こんな時だからね、みんなで分け合わないと。」って一個譲ってくださいました。

結局、在庫があったんですけどね。でもちょっと嬉しかったです。



みんなちょっとパニックになったんですよね。

当座は困るかもしれないけど、順次いろいろ必需品は回ってくると思いますよ。


被災して全てを失い、寒さと闇の中で耐えている方々を思うと
暖かい部屋で温かいものが食べれる幸せをしみじみ実感します。
当家は停電から免れているので申し訳ないくらいです。。




亡くなられた方々、親族を失くされ深い悲しみの中にいる方々、家を失い行き場の無い多くの方々、
ご冥福を祈り、心よりお見舞い申し上げます。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/165-47580aae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。