上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ときどき高円寺」どころか「いつも丸太」でごめんなさい。



なかなかね~、家を賃貸にしようというのも大変です。

東京の家が小さいもんだから婚礼家具など大きい家具がそのまま残ってる丸太家。
昔流行した大きな婚礼家具なんかもう「ゴミ」として処分するしかないんですね。。


その費用の高いことと言ったら!


少し家に手も加えないといけないし、ほんとうに面倒です。



単身赴任してる夫さんの方が近いとこに住んでるものですから
協力してくれると助かるんですが、いろいろな面倒さにキレてしまって
在東京の丸太、困り果ててます。


ま、でももうひと踏ん張りしないと。




でももう車では帰りませんよ!

伊勢湾岸道の夜景は見たいけれども、今度行くなら誰かの助手席でお願いします(笑



また来週、高速バスで田舎に帰ってきます。
あちらでいろいろ手配して早く貸せるようにしないと。。



家ごと引っ越すのはほんとうに大変ですね。
単身で上京するなら気が楽なのでしょうけれど、
仕方ありません。
自分で選んだ道ですもの。
それにこのことを片付けないと、前進が止まってしまいます。





仕事の方は薬剤師さんが優しく教えてくださっているので
楽しくやれています。

ただね~
同じ種類の薬でも「シロップ」「ドライシロップ」「細粒」「3パーセント」「6パーセント」。。
目が泳いでですね、ややこしいです。

きっとこんなおばさん相手でイライラすることもあるでしょうに
感謝してくださるのでやる気満々になります(笑






うむ
丸太が引っ越したことを地元の会衆は全然知らないわけなんですが、
つまりちっとも長老から連絡が無いのでバレないんですね。

不思議ですよね。
信者増やすのに一生懸命なのに
せっかく熱心だった人が離れてしまってるのに、引き戻そうとしないなんて。

おまけに簡単に排斥にしたりして、どんどん自分達の首絞めてるんですよね。



自分たちは選ばれているし、自分の信仰で自分で固く立ってると
自己満足というか勘違いさんになってるんでしょうね。


「信仰の仲間」とか「信者は霊的家族」とかいうあの感覚は何なんでしょう。
一旦外に出てしまうと何の感傷もないですよね~




遠い遠い過去の事柄になってしまって
不思議な生き方をしていたなぁ、くらいの感覚です。




でもその「信仰生活」で生み出された「害」からはなかなか開放されそうにありません。

子供達の方が簡単に清算できないんですよね。
それはもっともなことです。

今となっては丸太にできることはあまり無いようです。
過去を取り戻して、すっかりそれを子供に返すことはできないんですから。。




田舎から帰ってきたら、またコツコツと子供達とがんばっていきます(*´∀`*)






いつも最後になるんですが
『「HIBI★Chazz-K(ひびチャズケ)』の皆さん達、無事にフランスの演奏旅行から帰国なさったようです♪

ステキだわぁ(*´∀`*)



9月だったか、ライブがあるので是非鑑賞したいと思っています。

それを楽しみにがんばりまっすー!






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindness628.blog43.fc2.com/tb.php/130-3783bb39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。