上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミータ君のことをちょこっと報告。

歯のことはもう東京にいる頃からいろいろ苦労してて
こちらに来てからは二人きり(一人と一匹)になったせいもあって
丸太もややみーちゃんにがぶり寄りみたいな感じだったんですよね。

んで
動物病院の先生といろいろ話てて
「いったいこうなったらどうしたらいいんでしょう?」と聞いてみました。

すると
「動物は自分では決められないから、飼い主の考え方ですね。」とおっしゃる。
確かに。
それで丸太ハタと気が付きました。
もうみーちゃんは17歳だし、小食になって当たり前。
それに何が起きてもおかしくない年齢だし、ずっと生きててくれはずもない。
無理なこと望んでたんだなぁと。

覚悟ができていないんだと。

食べれなかったら仕方ないじゃん、と。
食べれるものだけあげて、その時その時で対処しようと。


それで、昨日引越しの荷物の整理を再開したら
去年逝ってしまったにゃんこのカリカリ餌が出てきて、
わざとそこら辺に置いてたんですね。

そしたらみーちゃんまんまと引っかかって、バリバリやってらっしゃる。
ちょっとあげてみたら、なんと固いカリカリ食べてるじゃーん!


だいたい世の中の猫は歯がだめになったら、噛まずに丸飲みするみたいなんですね。
(琥珀は歯があっても丸飲みしてた!)
それを学習してほしかったのに、この甘やかしママがその機会を奪っていたのでした。。汗


でもま、これもいつまで続くかわかりませんが、
ちょっと野生のたくましさを学習してもらうよう、スパルタでやってみようと思います。

(この歳になって~~~? 今さら~? とみーちゃんが言っているとかいないとか。。)


スポンサーサイト
2012.06.23 訂正。

前々回の記事の中で

我が家の長老、ミータ君が人間にしたら90代というのは間違いです。

80代でした。 訂正してお詫びします。


というか、過去記事の編集というのが出来なくなってるんですが、

丸太がドジで分からないだけなんですかね?





ミータ君の歯の問題、病院に行っても解決せず、

お腹が空いてるため、ずっとにゃーにゃー言ってて、

丸太もふさぎ気味です。

相棒がこれだとやっぱり元気が出ませんなぁ。。

2012.06.21 読書

最近、司馬遼太郎の「世に棲む日日」を読んでいます。
気が付いたのですが、いろいろな小説やドラマの中でその一端は知っていても
吉田松陰に関して詳しくは知らないということでした。


丸太、周防の出身なものですから、(周防と長門で長州藩)、
松下村塾には遠足でも行ったし(俳句が課題で出た・・・汗)
個人的にも何度か訪れたことがあったのですが
松陰個人については、というか人柄についてあまり知りませんでした。

なんと、時代背景もあるとは言え、こんな純粋な若者がいたんですねぇ。
叱られるかもしれませんが、ある意味バ○者です(○にカを入れてください)。
うまく処世していたら、もっと多くの業績を残した天才なのに!

坂本龍馬にしても、発達障害だったなどと言われてもいるみたいですが、
不用心にもほどがありますよね。
各方面からの追っ手がせまっていたのに。

松陰に至っては
尋問者を頭から信じて
尋ねなれてもいないことをペラペラしゃべったことが災いとなっています。
人を疑うということを知らない若者だったのですね。

それにしても、自分が育った田舎の県民性については
今まで転勤で移動した中ではもっとも好ましいと感じていましたが
「世に棲む日日」を読んで一層その感を強くしました。
もちろん個人の違いはあるにしても、総じて真面目で他の人に対して寛大。
口下手ですが、正直な人が多いです。
これは丸太の家族、また親族全体をも貫いている精神のように思います。



この時代の人々から学ぶこと大ですが、
特に松陰吉田寅二郎の最初の江戸留学中の食事に関して。
(やっぱり食い気か。。)

金銭的余裕もないため、ご飯以外は味噌(金山寺のなめみそ)と梅干だけで三食過ごしてます。
特別な日だけ、それにかつお節を付けたりしていますが、
学問のためにここまでできるとはすごいです。
もちろん、武士とはいえ総じて貧しい時代ではありましたけれども
お酒が無くてはすまない士もたくさんいましたし、女性がいなくてもすまない人も。。


長い江戸幕府の時代に倦んでいた若者もたくさんいたでしょうから
天下に大望を持った人も多くいた時代ではあるでしょう。
外的圧力が加わって、沸騰したとはいえ、やはり幕末から明治はすごいですね。

面白いです。



久々に我が家の長老みーちゃん登場!

P1080960.jpg
(テーブルの下から失礼!)

この五月で17歳になりましたから
まぁ一応猫の年齢グラフ的にはじゅうぶん90代です。

でも人間と一緒で健康的な食事のおかげか
どう見てもまだ60歳程度です。


最近なんだか体格もよくなってきてて
冬に毛が抜けて最近生えてきたのか(?)
それともむくんでいるのか、やけに大きいです(^_^;)

2012・6・8 ミーちゃん


先日動物病院で血液検査をしたら
目立った心配はなく、少し腎臓が弱ってるみたいなんですけど、
相当実年齢よりは若いです。


ただ歯がねぇ。。泣
歯茎が痛いらしく、猫缶が食べれないんですよね。
(15歳以上の長生き猫さんに、なんてのも食べない。)
病院でお薬もらって一旦は回復したんですが
またここ一週間悪いです。
こうなるといつも薬を飲まなきゃいけないことになってしまいます。
抗生剤だかからねぇ。。


どうやってみーちゃんじーちゃんに食べてもらうか。
丸太の大きな仕事となります。
これが頭が痛い。

丸飲みすれば痛くないんだけどね~
「噛まなくてもいいんだよ。」って何度言っても聞いてくれません。

みーちゃんはどちらかというと神経質だから
ちょっとのことが受け入れられないんですよね。

難しいです。
でも、食べないと命にかかわるので
丸太、心を鬼にして、ガツガツ食べれるようもっていこうと頑張っています。


丸太の食欲、そのまま上げたいよ~



アンドレア・ボチェッリを聴いていたらやばいことになりました。

(缶酎ハイ飲んでたせいもあるのですが。。 一本だけですヨ!)


去年死んだ琥珀のことや、もう八年になるのかな?、母のことを思い出して
何とも滝汗、いや滝涙です。

琥珀は10歳だったけど、アホなせいもあってすこぶる元気だったのに
癌がわかってアッという間に逝ってしまいました。

「ワンワーン」と鳴く猫でした。
拾った頃はとにかく不細工で、目が顔からはみでるおぞましい顔で
成長するにつけ、その目がきちんと顔に収まって
その愛くるしいグリーンの目で丸太をじっと見つめていたっけ。

寝る時は、ピタッとその鼻面を丸太のほっぺに当てて、ぐいぐい押してきたものです。
小っちゃい時に捨てられたから、お母さんを思い出していたんでしょうね。

ご飯が食べられなくなって(あの食いしんぼが)、みるみる痩せていったことや
磔の刑みたいになって手術したこと、術後すぐに目覚めておしっこに行きたがったこと、
最後までフラフラになりながらもちゃんとトイレに行ったことなど、
次々に琥珀の思い出が浮かんできました。
もっと早くに異変に気が付いていたら、救うことができたんだろうか。。

癌はお腹の中いっぱいに広がっていました。腹膜の内側にも。
あんなになるまで気が付かないなんて飼い主失格です。

丸太も病気になったり、家も探してたりしたから、
やっぱりちゃんと見てなかったんだね。

誰にでもいつか別れはくるものだけど、どんな別れも辛いものです。


母はALS(筋委縮性側索硬化症)だったから、
発病してから3年で亡くなるまで、言葉には表せない色々なことがありました。

母は手足の筋力から衰えていったのですが、少しでも筋力を維持するために
リハビリを頑張っていました。
歩行器を使って足をひきずるようにして歩く訓練や
体の前にあるボールを掴むことなど、
元気な時には何の問題もなくできたことが、歯をくいしばってもできない。
その様子を見るにつけ涙したものです。


最後のお別れのとき、もし自分がエホバの証人でなかったなら
もっと違う心持でいたんじゃないだろうか。
かける言葉も違っていたんじゃないだろうか。。

「楽園でまた会える」なんて、ほんの少しは信じていたから、
それが無かったならもっと本気で心からお別れすることができたんじゃないだろうか。

もし二度と会えないのなら、もっと違った言葉掛けができたに違いない。

エホバの証人であったことを悔いる一番の出来事です。

あの時には帰れないもんね。



つまらいことばかりを毎日書いていますが、
続いているというのにも大きな意味があることで(^_^;)


きのうはこれを聴きながら横になって
ボッチェリ

体力が回復してから、早速ホームセンターへGO!
(体力回復というのは、だいたい関節の痛みは取れないので、頭痛が軽くなったということです。
 帰ってからまた寝るのです。)

安くなったものを物色したかったのですが、
年配のおばちゃまが粘っていて断念。
アジサイが半額になっていたのですが
がくアジサイだったので迷ってしまって保留。


がしかし、予定になかったミニ薔薇の鉢があまりに可愛くて
つ、つい手が出てしまいました。

これは一枝切り取って生けたもの。
こんな一輪でもとっても幸せな気分になるんだから許そう(自分には甘い)

ミニ薔薇

ミニ薔薇


に・きゅ・ぱ だし(笑



ここは丸太だいすきなホームセンターがたくさんあるので嬉しい限りです。
いつも利用するのは、オリンピックにビバホームですが
今日は島忠でした。
ほかにもk2デンテツ(?)などもあります。

元気になったら、スペースの余裕もあるし
DIYが楽しみです♪


昨日(月曜日)は下の子を高円寺に送るついでに病院に行ってきました。

「最近調子がいいです」というと
「調子に乗らないように。自律訓練法をさぼらないように。」と
釘をさされました。

わかってますってー!


しかし、きょうは少々頭が痛いのに、ホームセンターに行きたくて
うずうずしているわたし。。
少し休んでから行ってきましょうかね。
春の売れ残った宿根の花がお目当てです。
来年咲かせるんだから、先の長い話です。


いつも迷うのですが
きのうは帰り、平日90円の回転寿司におひとりで入ってきました!
おひとりがだいぶ馴染んで、平気になってまいりました。
荒川の鹿浜橋を渡ってすぐにある「はま寿司」というお店です。
なかなか魚も悪くなかったです。

生ハムバジル

お寿司屋さんなのに「生ハムバジル」が美味しかったという。。




ここ覗いてくださる方々、暢気な生活でいいなぁ、なんて
呆れてるかもしれませんが、
丸太、ほんとうは忙しく動き回る生活がしたいのですが
それが今は叶わぬのです。

お許しくださいませ。
こんな事情の人も世の中にはいるのですヨ。




帰って来ている子どもが風邪でダウンして
高円寺に帰れずにいます(ちょっと笑
珍しいんですよね、この子が風邪ひくのは。

やはり普段気の張った生活をしているのでしょう。
ちょっとそれが弛んだのかもしれません。

上の子も同時期に喉が痛くなり、どんだけ仲がいいんだ!?


それでというわけでもないのですが、DVDを6枚借りてきて
毎日映画鑑賞三昧です(笑

中でも良かったのが
フランス映画「アメリ」!
それから「エリザベス・GOLDEN AGE」。

アニメ「化け猫」。
これは和の色がすごかったです。カラーの勉強したいなぁ。


だいたい二回観るので、お腹いっぱいです(汗


こんな暢気なことしていたら、いつか蒔いた種を刈り取ることになるかも。。


静かな生活をしていたので体調はすこぶる良く、
体重が若干増えました(泣

もう6月ですね。
梅雨も近いことでしょう。
体調には気を付けましょうね☆



今日は久々に高円寺の話題です♪

子供たちが丸太の誕生日に買ってきてくれたケーキがとっても美味しかったんです。
食べログで高円寺のケーキ屋さんを調べてくれて
3位のケーキ屋さんを選んだようです。

早稲田通りにある「ラブリコチエ」です♪


ショートケーキですが。

kake1.jpg

ケーキ2

それぞれがとっても可愛い!
「チエ」というのが娘さんの名前のようで
そんなほのぼのとした感じも気に入ったようです。

けーき3

ケーキ4

(みーちゃん、テーブルに乗っちゃだめーーーっ)

これは中身があんずのクリームなのですが
見た目の可愛さがそのまま味になってて
ほんとうに「可愛い味」で、こんな感じのケーキは初めてです。

イマジネーションの豊かなパテシエさんなのだろうと想像しました。

けーき5


詳しい紹介が最後になりますが。

ラブリコチエ


ぜひ近々にまた食べたいと思っています。
ちょっと車を道路脇に止めて。


地域限定のお話でスミマセン。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。