上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.24 変化

子供たちが例の大きな夏オフに初参加しました(*´∀`*)
元JW一世のわたくし丸太が参加するよりも
二世の子供たちにこそ参加してほしいとかねてより願っていましたから
ほんとうに良かったと思っています。
楽しかったようです^^


子供たちは元JWのオフ会には当初全く関心を持っていなかったし、
わたし経由では参加することもないだろうと考えていたのですが
わたし自身が素敵な方々とお知り合いになれたのはプラスに働いたようです。


たくさん集まったみたいですね~!
幹事をしてくださった○しきさんはじめお世話になった皆さん
ほんとうにありがとうございました。
また積極的に親切に話しかけてくださった皆さんもありがとう!


子供たちが現実世界でも元エホバの証人の方々と知り合うようになりましたので
このブログで親のわたしが子供に関することを吐露するのは、もうおしまいにしたいと思います。
自分が逆の立場だったら、自分のことを知らない間にブログなんかで知られていたらイヤですもんね。

ほんとうはこういう事態になったら、当ブログは閉じようとも思っていましたが
左を見てください!
よく続いたこと! 
このブログを始めて もう三年以上経ちました。

わたしにとってはとても大切な記録となりましたから
大体そのまま残してぼちぼちブログは続けようと決めました。(変更あり。笑)




それにしても
オフ会から帰ってきて開口一番、
「お母さん、みんなから大切に思われてるね~!
 人徳があるんだね~!」 と信じられないご様子。
でもこの言葉、実は非常に嬉しかった^^

わたしを知ってくださってる皆さん、とても病気のことを心配してくださってるようで
心強く思いました。

やっぱり、ほら、丸太は一世だから、
一世のおばさんが のこのこオフ会とか来て。。 なーんて
不快に思う人もいるんじゃないかなぁ、ってちょっとだけ心配してたから。

また元気になって、機会があったらお仲間に入れてくださいね!



調子はわりといいです(*´∀`*)
梅雨から夏にかけては調子の悪い人が多いみたいなんですけど、
丸太 ちょいと変わってますからねw

「自律訓練法」というのを教えてもらってるんですが
「心が落ち着いている。。  手が重くなる。。  足が重くなる。。 」
というあれです。

単純な丸太には非常に有効な感じです。
これをできれば日に三回くらいを習慣にして
自ら自分の体を調整して心の落ち着きを保てるようにしていくんです!
「気功」とも通じるところがあっていいんですよ。
「気功」は長くやればやるほどいいらしく、
あれは歳取ってからやるもんだ、などと言わず
若い人もチャレンジしてみるといいと思いますよ^^

ちなみに「ヨガ」は気功のインドバージョンのようなものだそうです。

皆さんもお試しあれ。

スポンサーサイト

毎日暑いですね~(;´Д`)

ここのところ自分のバカ度が非常に高いことを痛感させられてました(汗

三週間ほど前、とーっても調子が良くて、本当に治ったか?っていうくらいで
つい。。。

11月くらいには引越しを考えているので、少しでも手を付けておかないと、とか
アホな丸太考えまして、喜んで二日くらいやってましたら
再びまた悪夢ががが。

動けなくなりました。。

「そういうこと繰り返してたら治らなくなるよ」とドクターからも叱られ、
超自粛した生活をしていました。

動くのは週二日の仕事と、食事の準備と洗濯くらいで
あとはほとんど布団の上って感じで過ごしてました。
でも、一番初期の頃は横になったらすぐぐーぐー眠れてたのですが
最近は眠くならないもんですから、退屈で退屈で。
初めて「することがなくて退屈」という経験しました。

でも一方でいろいろ考え事もできて
つくづくJWに絡め取られた膨大な時間を思って、腹が立って腹がたって。
友人とも話したのですが、集会が週二日でいいんだったら、初めからそうしろ!ってことですよ!
どれだけ奉仕と集会に心身共に追いまくられたか!
この病気の土台もあの頃にあるに違いない!




テレビをボーッと見てるくらいが一番コンディションがいいのですが
全身の筋肉が弱ってしまってねぇ(大泣き

それで最近DVD付きの『気功』の本を楽天ポイントで買って試してます。
「気」の考え方が非常に気に入ってます。
ゆっくりとした動きが病気にもあまり堪えないし、これはきっといいと思いますです。



さて。。
最近読んだものとかを。
高村薫著 『マークスの山』
     『照柿』 上・下巻
小川洋子著 『猫を抱いて像と泳ぐ』

警察小説はあまり読んだことがないのですが
『マークスの山』は、パズルが意外なところで埋まっていく感じで
非常に面白かったです。
高村薫さんの頭の中見てみたいですね~

『猫を抱いて像と泳ぐ』は小川洋子さんらしい空気感にどっぷり浸って読めました。


今は「笑うと免疫が上がる」ということで
浅田次郎さんの 『プリズンホテル』シリーズを読んで
クスクス、ゲハゲハ笑いながら読んでます。

読書はやっぱり口に入れるもの以外の一番の滋養です(*´∀`*)

ではでは。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。