上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.21 言葉もない。

東北関東大震災から10日ですね。

あまりの被害の甚大さに言葉もありません。




ここのところ黙して一生懸命働いていました。

花粉の時期で、今年は症状がひどい人も多く薬局が忙しいので余分に出勤し、
家での仕事もがんばりました。

月給制で働いてるわけじゃないから、働く時間に比例して収入が増えるわけです。
少しでも余分に災害に遭った方々の義援金に充てたいと思っています。

今はそれくらしかできないものね。




地震の日(3月11日、金曜日)には
午後2時46分。後から訂正されたマグニチュードは9、0。宮城沖。

余震が続いて 午後3時06分。マグニチュード、7、0。

午後3時15分。マグニチュード7、4。茨城沖。

思わず手帳に書いていました。
もっと関東南部にも揺れが来るのでは、と思って念のためでした。
関東に来る!っとほぼ100%思いましたねー。恐かったです。




13日にはスーパーからパン、水、お米、カップ麺、乾電池、トイレットペペーが綺麗に消えていました。
丸太家が気付いたのは夕方で、お隣のドイツ人の方がお水をいっぱい買い込んで帰宅されたのに出会ってからです。
チェルノブイリの時の経験があまりにも大変だったそうで、まず水をいっぱい買っておられました。


丸太は中国地方で育ったためあまり大きな災害の経験がないのですが
ずーーーっと「関東直下型地震」とか「東海地震」とか言われ続けてきた人々が慌てるのも仕方ないかなぁとも思えます。

東京地方の家はだいたい部屋も家も狭く、普段ストックするっていうのも難しいんですよね。



でもね、きのう猫の砂を買いに行ったら、最後になってた三つを買おうとしていたおじさん(自分もあばさんなのにw)に
「それ一つ譲っていただけませんか?」って聞いてみたら
「こんな時だからね、みんなで分け合わないと。」って一個譲ってくださいました。

結局、在庫があったんですけどね。でもちょっと嬉しかったです。



みんなちょっとパニックになったんですよね。

当座は困るかもしれないけど、順次いろいろ必需品は回ってくると思いますよ。


被災して全てを失い、寒さと闇の中で耐えている方々を思うと
暖かい部屋で温かいものが食べれる幸せをしみじみ実感します。
当家は停電から免れているので申し訳ないくらいです。。




亡くなられた方々、親族を失くされ深い悲しみの中にいる方々、家を失い行き場の無い多くの方々、
ご冥福を祈り、心よりお見舞い申し上げます。




スポンサーサイト

先回の記事で触れた方、ブログを通してお友達になった元JW5○さんの無事が確認できました!

夜中に本人からメールが来ました。。 よかった。。
無念ながら家もすべて流されたようですが、命だけは拾ったということです。


今ブログを拝見したら義母さんは依然行方不明だということです。
ご無事でいらっしゃるといいのですが。。


全てを失われた今、これから必要なものがたくさん生じてくると思います。


必ず何か助けになりたいです。


ちなみにブログ「本音で語りたい」の5○さんは中肉中背の方です。
でも衣類などは今宅急便が送れないので無理ですね。


何か知恵を貸してくださいませ。


取り急ぎお知らせまで。



2011.03.12 恐いですね。

地震による津波が直撃した地方に住んでらっしゃるブログ友だちが心配です。。

被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。




東京の家の方は震度5強だったと思うのですが、
木造家屋の中にいた丸太。恐かったです~

随分長く揺れましたね。

遅い昼食をとってた時だったので、
気がついたら右手に箸、左手には壁に固定してない電波時計を持ってました。。


俗にいう「揺れ戻し」があると思って、下の子に注意を喚起し、
逃げれるように少しづつ荷物をまとめ、外に置き、
再びきた揺れの際は本棚を押さえ、下の子はおじいさん猫を抱っこしてました。


若い方のちゃとらんはお散歩に出てたんですが、
思った通り行方不明になり。。

夕方探しに行ったら、以前にも隠れてたことのある、あるお宅の倉庫の下に隠れてました(汗
この猫ちょっとおバカさんで(ある意味賢いのか)、呼ぶわたしの方には来ず、
自分の慣れたコースを通って家に直行しました。
動物の心配はあまりいらないようです。
お家の方がわたしの呼ぶ声で外に出てきてくださるんです。申し訳ないです。



いやぁ、普段あまり慌てることのない丸太ですが
「ついに東京に来たーーーっ!!!」って思ったもんですから
今日は仕事だったのに、昨日のトラウマで頭がぼーっとして大変でした。

余震が度々あるので、今日も眠れるかなどうかな。。?



被災地の皆さまも近隣の皆さまもどうぞお気を付けください。

日本中の言葉にならない被災地の方々を思う気持ちがどうぞ形となって届きますように~。







花粉の飛ぶ日があれば、真冬の寒さになる日もあって
かえって体が無反応になってる丸太ですー

でもやっぱり堪えているのかもしれません。
やる気がいまいちです。。(泣


とは言え
「家庭内手作業」が今のかき入れ時を逃すと夏とかはあまり売れないので
老体にムチ打ってがんばっております。

PCでの販売のやり取り。薬局でもPCは欠かせず、「商品作り」も目を使うので
背中が痛んでですね。
左肩甲骨の下が凝って凝って、そのためにやる気が削がれるというのもあるのなー。
無理はいけないんですが(ひどくなると首が回らなくなる)、
無理しなきゃいけない時ってのもあるんですよね。生きていれば。


「すべての事には時がある」って何かにある通りです(汗





先日、東京でも大雪が降った次の日、
外の雪を掃いていたら、あらいやなことに例の独特の雰囲気のご婦人が二人。


一人はわたくしよりかなりお年が上の方、もう一人は比較的お若い方でしたが
あんな寒い朝にご苦労なことです。
優しく、かつきっぱりとお断りしたのですが、
「あ~、自分もあんな風にみんなに嫌われることをこの前までやってたんだなぁ。」と思うと
何やら悲しくなってしまって。。


インターフォンで断るのが一番ダメージが少ないですね。
ま、遭遇しないのが一番いいのですが。



そういえば、そろそろ記念式の話も出てくる頃ですね。
行かなくなったのはいつだったけか。

こういう時ブログの記事は役に立ちますね。
2008年から行ってないみたいです。
もうって言うか、三回行ってないんですね。 行かなくなったのが随分前のような、ついこの前のような。

でもやっぱりまだゆっくりJW時代を振り返る、なんて気分にはなりませんね。
今が充実していて前しか見ていないのか、それとも過去を清算する痛みを避けているのか
よく判りません。


ただ、二世の皆さんの痛みにははるかに及ばないとしても
あの20数年間を別のことに充てていたら。。 と歯噛みすることはしばしばあります。
ほんとうに自分バカだったんだなぁ。

残りの人生考えると、ほんとうにあのJW一筋に駆け抜けた時間が惜しいです。





ま、
JWだったから今得られた友人もいるので、くよくよ思うのはよしにしましょう。

っということで
先日、東京に来てからお知り合いになった元JWの友人の家で「ピザ」をご馳走になりました(*´∀`*)
これで二回目です。

ピザ

ピザが少ししかありませんねー
食い気が勝ってしまうんですね(笑
7種類くらい焼いてくださったんですが、食べたい気持ちが早やって写真はほとんどありません。



もうね、やっぱり自家製って全てが優しいんですよね。
たくさん食べても全然胃がもたれないんです。
このポリープいっぱいの胃でも。 もういくらでも食べれるって感じ。
サラダも旨い!

サラダ



美味しい御酒もいろいろ教えてもらったし、ワインも美味しかったし、

ビール
(何故かビールの写真ですねー笑 ご主人酔ってます。。弱いそうです。。笑)
こんな『幸せ』ありません。感謝です。

丸太の作ったアップルケーキも彼女が盛り付けると、ほれこんなに美味しそうに!

アップルケーキ




これほど親切にしていただける友人ができただけでも
JWであったことが無駄ではなかったといえるような気がします。


めでたし、ということで〆ましょう(*´∀`*)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。