上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.22 家庭菜園

あ、タイトルの一文字が違ってました。。

「家 庭  園」です(笑


田舎から持ってきたわずかな数の植木鉢。
一番好きな「スズラン」とあと4個だけ持ってきたうちの一個には
今「細ネギ」が細々と植わってます(向こう側。これが意外と役に立つ)



そして今回、何かのおまけについてた「ラディッシュ」の種を蒔いたところ
ほら、ご覧のとおり!

ラディッシュ
これ3日目。


そして!


5日目には。。

らでぃっしゅ


ニヤニヤ。

嬉しいですね~
自然は裏切らない。

これ間引いて、立派に収穫できたら、またupしますね(*´∀`*)


ホントはガーデニングが大好きで、数え切れないほどプランターや植木鉢があったんですが
すべてご近所の方や友人に譲りました。。
これ、けっこう寂しかった。。


までも、余裕ができれば(主に場所的に)少しは植物を育てることもできるでしょう。




実は夏風邪で少々大変だったのですよ。(今もちとお腹が痛む)

腸にきちゃって。何食べても何飲んでも、すぐに下しちゃって困りました。
高い熱も久々に出ましたです。
きつかったー(泣


ちょうど木金土と仕事が続くタイミングで、熱が出たのが木曜日の夕方。

うん、自分よくがんばった!
解熱剤で熱下げてがんばりました。

それに、幸いかかりつけのお医者さんが歩いて20秒以内(笑)のところにあるので
やっぱりご近所に病院があると助かりますね。
前みたいにナビ頼りに車でどきどきしながら行かなくていいし。
(帯状疱疹の時はお正月だったから。。)

仕事先は調剤薬局だし。
救われました。

ふらつきながら出かけるときに、ラディッシュの写真だけ撮るとは。。
無駄に年取ってませんね(爆笑


多少は夏バテも関係してるのでしょう。


皆さんもご自愛くださいね!




スポンサーサイト

弥太郎とはもちろん三菱創設者の岩崎弥太郎氏のことですね。
ちょっと気取ったタイトルにしてしまいました。スミマセン




都内で125人が熱中症で運ばれたというきょう、
こんな素敵な処に行ってきましたー^^

六義園

六義園



「六義園」です♪ 

友人のお仕事が終わった後一緒に歩いてきました。
一度行きたかったんですよねー

生い茂る緑の中、暑さも爽やかに感じられます(*´∀`*)
この暑さで人も少なく、エサを投げるとほら、こんなに亀さんが(笑

かめさん

こんなことしたの子供が小さい時以来で、すごく楽しかったです^^


半端なく汗をかきましたが、冷たいお煎茶と柚子ようかんでまったり。

六義園

六義園

(これビールじゃないよー。ビールはこれから。。ウシシ)





「六義園」での散策も、こんなお楽しみのための運動みたいなものです。ウフフ

横浜『天下鳥』

本格炭火焼き。
淡白な味付けで新鮮な鳥の旨味が生きてます!
ほんとうに美味しくいただきました。

おばさん

おばさん飲んでます。(もう少し細く写らないものか。。)

お仕事中だった皆さん申し訳ありません。。




鳥が旨い!
と言いつつ、写真を撮ったのは、あまりにも可愛かった、ぎんなんとししとう(笑

ぎんなん


それと
デザートに選んだ「かぼちゃのプリン」♪  かぼちゃプリン大好き!

デザート





心もお腹もいっぱいになりました。



家で留守番してる下の子にお土産持たせてくれた
とっても気遣いのできるステキな友人。


お手本にして丸太も素敵な女(ひと)になれるようがんばります(*´∀`*)





暑さが一息つきましたね。


たかが週三日のお仕事ですが、お盆休みを結構楽しみにしてました。
毎日一時間とかかけて通っている方とか、残業続きのお父さん達がどんだけお休みを楽しみにしているかが
少しわかったように思います(遅い



まあ、丸太も以前は無益な開拓奉仕とかしてた時期もあって
あの頃は「盆」「暮れ」が楽しみでした。

「未信者の夫がいるので。。」などと言い訳して、奉仕に行かなかったり
実家に帰っていれば集会さぼってもわからないですからね。
当時はクリスチャン愛なんかことずかったりして、いつからか省略されるようになりましたが
実家の集会に必死で行ってるのに、気の利かない長老が「クリスチャン愛をお伝えください」って言わないもんだから
折角の証拠が無くなるじゃないかなんて、まさに低俗なこと考えてたりしましたが、
何やってたんでしょう、当時の自分。


あの当時はとても忙しい日々を送ってました。月90時間、年間1000時間はなかなかハードです。
あれだけ働いていたら、今頃はかなりの貯金ができていたでしょうにね。
「天に宝」も積めていなかったわけだし。。  ああ寂しい。



優しい二世の皆さんが「親にはこのまま信じていてもらって、信仰のうちに人生を終わってほしい」って
おっしゃってるのを時々拝見しますが、ほんとうに優しい気持ちが胸に沁みます。

でもね、丸太が最近思うのは、やっぱり自分の過失の責任は自分で負うべきだし、
今は生ぬるくなったとはいえ、JWというカルトの連鎖は断ち切るべきかなぁって思うんですよね。




我が家も最近はかなりバトルが繰り広げられています。
狭い家に引っ越したら、いやでも顔を付き合わせる時が多くなって、衝突も増えました。

丸太からガンを飛ばすことはないんですが(笑)、下の子は激しく迫ってきます。
丸太もね、自分の誤りは認めますが、以前なら我慢してたことを赤裸々に言うようにしてます。
子供は「それは言っちゃいけないだろう」みたいなことも言いますが、
このバトルは必要だとも思うんですよね。

このようにして様々な辛い経験を噛み砕き消化し、あわよくば昇華していくのではないかと感じています。
血を流しながら。。



一世の親が「罪」を自覚し、子供に謝罪するのは当然のことです。


丸太世代の現役は何を言っても通じない人たちがほとんどだけど、
そんな親とは絶縁してた方が楽だと思う二世の方たちも多いと思うけれど、
いつ信仰のスキが訪れるかわかりません。

互いに傷付く結果になるとしても、この「エホバの証人」問題を風化させてはいけないと
思うようになっている丸太です。




「戦争体験」の風化と重なるのでしょうか?


わたしもこの問題とは死ぬまで離れられないし、
やはり考え続けていくのでしょう。


わたしが「エホバの証人」を選んだが故に負わせてしまった
子供達の心の傷に寄り添っていくことになるのでしょう。


それはわたしの責任でもあるのです。



2010.08.02 猫を激写☆

あまりの暑さに昼間っから缶ビール飲んでました、丸太です☆


いやいやいやいやこんなことしたこと無いんですが、もう己の中で自由度が増してですね。
っていうか今だに部屋に収まりきらない物を片付けてたら
もう全身汗びっしょりになりまして、もう半ばヤケです!
缶ビールが勝手に開いてました。。(;´Д`)




ついに八月になりましたですね~
ちょっとほろ酔い気分になりますと、どうしてもこの激動の日々を振り返っています。
距離にして900キロの地方から東京に引っ越してきて
何度田舎に帰ったことでせう。
いや、引っ越す前の家探しからして大変でした。

自ら車でも往復しました。
高速バスで帰ったり。。


正月早々、帯状疱疹で救急病院にお世話になり、
なぜか、パートの勤め先も降ってわいてきました。
先日は職場の懇親会もありました(*´∀`*)


それから、な、なんと!
田舎の家の借り手が決まり、もうすぐ入居されます!



この経緯も是非、そこの奥さん(!)詳しく聞いてほしいんですが、
長くなりますので割愛しますねw

夫経由でお願いしていた不動産屋さんが、あまりに不誠実なので、丸太の堪忍袋の緒が切れてしまいまして
お断りしよう!っと思った瞬間ひらめいたんですよ!

確か知人が(not JW)市内で住居をずっと探してたなぁ、って。
以前より家賃相場が下がってるので、もしかして可能なんじゃないかって、早速聞いてみたら
ご家族大喜びで決定しまして、
お盆までに入りたいとおっしゃる。
現状のままでおkともおっしゃる。
(でもおばあちゃんが入られる和室だけは畳を新しくしました^^)


この話のまとまるスピードにもビックリしました。
信用のおける人ですが、一応保証人も立ててもらって、正式に契約が成立しました。

この東京の家は、子供達が「バニラハウス」と呼んでるんですが
田舎の家は「クッキーハウス」と呼んでて、新しい住人も「カワイイおうち!」って即決でした(*´∀`*)
ご縁があったんですね~♪


なんだか急な展開で一件落着し、今気が抜けてしまって。。



もう帰ることろがありませんから、東京で頑張るしかありません。
退路は断たれた。。  なんちゃって。



貸したんだから、手放したわけではないんですが
やっぱり一抹の寂しさがありますね。。
あの家で17年?18年?闘ってたなぁ。
敵とは呼べないいろいろなものと。。



あ、
また長くなりますねw
短い記事をぼつぼつ書こうと思っているのに、これがクセ、ある意味「持ち味」ということで、お許しください。





お詫びにスクープ写真を一枚。

甘えん坊シニア


人呼んで「甘えん坊シニア」の10歳になるボクちゃんです。
引っ越し以来、「外に出してくれー」って日々訴えていたボクちゃんですが(田舎では外出自由だった)、
実はだいぶ前から二階の網戸を自分で開けて、ベランダに出てたんですね。

もちろん、丸太も下の子も気付いていましたが、敢えて知らん顔してたんです。

今日はちょうどその犯行現場に出くわして、携帯で激写ですw
「甘えん坊シニア」、ばれて非常に慌てています! ププ

網戸がちょっと開いてるでしょう? 自分で開けて出るんです。
蚊が入るから入ってから閉めて、って言ってるんですが、無視ですw
(網戸がすでに破れてますが、敷金一ヶ月償却の契約ですから大丈夫ですヨ)

夜になると階下で寝ている丸太に一応「出してー!ワンワーン!」(このおっさん小さい時からワンワンと鳴きますw)って言ってから
無理だと知ってるので、そっと二階に上がって、ガタガタと網戸を開けます。
そしてベランダのあっち側で「ワオワオ、ワンワワーン」、すたすたこっち側に来て「ワワワワーン」と雄叫びを上げます。
一部始終ばれてます。なにせ、この家ボロだからベランダもペコペコで。。。w  大家さんごめんなさい。


そうして「あーーー、隣りのベランダに行ったら困るなぁ」とか心配している丸太の側にトトトっときて
バタッと眠るんです。


不思議なのはお兄ちゃん(16歳オス、白いソックスはいたキジねこちゃん)が同じ場所から出ないということです。
チラッと登場~

ミータ君

ついでながらツーショット♪

にゃんにゃん


せっかく開いてて出れるるのにね~
この子は一旦出たら、ジャンプ力がすごいのでヤバイですが。。

お兄ちゃんは一階の玄関に行って「にゃおんにゃおん!にゃおごるぁ!」と叫びます。
そうすると仕方なく二回に一回くらいの頻度で丸太か子供が抱っこして、玄関前で擬似散歩ですw 
5分か10分ですw
それで、まぁまぁ満足してくれているんですね。

田舎の自由な生活が懐かしいだろうに、よく我慢してくれて感謝感謝です。ほんとうに有難いです。



ちなみに
なぜ「甘えん坊シニア」などと呼ばれているかと言うと
いつもこの子は丸太のいるところにそっと寄ってきていて(トイレも待ってる)、超甘えん坊なんですね。
そしてお兄ちゃんと違って固いカリカリが大好きなんですが、最近そのえさ袋に「シニア用」なる文字が入りだしてまして
下の子が「甘えん坊シニア」と呼ぶに至ったのであります。 ハハハ



猫に振り回される生活も、まぁまぁ幸せと言えるんでしょうか?



それにしても酷暑の日々。

皆さん、体調には気をつけてくださいね~(*´∀`*)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。