上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手前味噌なんですが
あ、そもそもこの表現違ってるかもしれませんが
ある意味自慢?になるかもですが



なんやねーん!?!ですね。ごめんなさい。




下の子とラーメン屋に行ったり、蕎麦屋に行ったり、ファミレスでデザート食べたり。。

食べるとこばっかり?



いやいや
そんなことないですよ(*・ω・)


スーパーにいったり洋服屋さんにも行きます^^(あまり買わないけど笑)

普通ならなんでもないこんなことやあんなことがもう嬉しくて

思わず祈ってしまいました。   エホバに?   まさか!!!



心からの感謝を述べたかったのですが

いま現在誰に祈っていいのかわかりません。。   ザンネン






あれほど熱心だったJW時代、ろくに感謝するようないいことが無くてもいつも祈ってたのに、
お酒飲んで祈ったら不敬だと思って、夜お酒もあまり飲まなかったのに、

こんな嬉しい日々がやっと来たのに誰にも祈れないなんて。。
感謝を述べる相手の神がいないなんて。。



なぜなんだ?!?




まぁそんなことは大した問題じゃないですね。







昨日は昼から上の娘のところに行っていて

一緒にご飯食べて掃除して(!)
おしゃべりして

たったそれだけのことが楽しくてねぇ(*´∀`*)








ええ、笑ってください。

こんな丸太のささやかな喜び。  笑ってください。




でもね、前進してるんですよ、わたしたち。
難しいことはこれからいっぱいあるけど、確かに未来に向かって努力している。


小さな努力でも、わたしは子供を褒めてやりたいです。





丸太手仕事をしてるんですが、丸太のそばで子供も一緒にやるようになったんです。

部屋が狭くて材料がいっぱいだから酸素が足りなくなる感じなんだけど。。








それとね
子供がこう言ったんです。

「好きな感じのお店のサイト見たら、『高円寺』にあることが多いんだよね~。ほんとうにここに来てよかったって思う。



聞きました?奥さん!

泣かせるじゃあありませんか!





上の子は中野に来るって決めてたんですが、わたしたちは予算の関係で郊外の府中市とか立川市の手前とかを考えていたんですが、
条件的にぴったりの物件がここだったんですよね。まぁ安くはないけども。





これぞ天の采配と言うべきじゃないでしょうか。




春の訪れと共に嬉しいことがぽやぽやっと起きて感謝感謝です。


そんなこんなで
「靖国神社」に行く予定にしています。  何?あそこは関係ない?

そうです。わかってます。


とっても綺麗なとこみたいですし、戦没者の慰霊についても思い巡らしながらお参りしてきたいと思ってます。
「坂の上の雲」に関係している人が多く祀られているらしい。








あぁ、
ところで
いろいろごたごたしてますが、
きっと核心部分はご本人たちにしかわからないと思うので
ここで言及しませんが
丸太はですね、
東京さ来る前後カラキナさんに精神的に非常に力付けてもらったんですね。
特定のお名前出してごめんなさい。

そのご恩は大袈裟に言えば一生忘れません。

カラキナさんは丸太が東京に来てその引越しの日にも電話してくださり
(ほんとうはお手伝いに行きますよ、と言ってくださったのを次女の関係でお断りしたんです)
落ち着いたらすぐに一対一で会ってくださいました。
高円寺までわざわざ来てくださいました。
あの忙しい時期に時間を作って。ひとりのおばさんのために。
そして「今後の生活は大丈夫ですか?」と真に気遣ってくださいました。

こんなうれしい気遣いをどうして忘れられましょう。




それに
今現在リアルでお付き合いさせてもらってる皆さんとのご縁を取り持ってくださったのもカラキナさんです。

カラキナさんはね、幹事やってやってるんだぞー、なんて品のない態度は全く見せませんよ。
おしゃべりが止まらなかったり、急に止まっって考え込んだりすることはあっても(失礼)、でしゃばることは決してありません。




丸太のおしゃべりが止まらなくなってる。。(;´Д`)








でもね、「あぁ丸太さんカラキナ派かぁ。」とかそんな風に言うのやめてくださいね。
そう思われてもちっとも構いませんけれど、
もしわたし達元JWに敵みたいなもんあるとすれば
それはJWの組織じゃないですか?


苦しみを経てあそこから出てきたわたし達がもめている場合じゃありませんよね。


だからあの人は誰の派とか誰寄りとか言うべきじゃないですよね。

ただ良識をもって事にあたっていただきたいと思います。
じゃないと悲しいです。



一方忘れてはならないのは個々の人には個性があって完全に一致することなんてできないんですよね。
一致する必要もないし。
♪ひとつにならなくて いいよ~♪


個性があれば「合わないなぁ。」ということもあるわけで
他のブロガーさんもうまく書いていらっしゃるように上手に付き合えばいいんですよね。


うまく言えないなぁ。。





とにかく
丸太にも欠点がいろいろあって「もう!あのおばさんって!」っていうこともあると思うし、いやあるし
カラキナさんにも「そこちょっと自重しないとおかしいことになるよ」っていうことがあったとしても

丸太はカラキナさんと旦那さんをいっつもずっとずっと応援してます。



よっぽどのことがあってよっぽどの覚悟がないとあの記事は書けませんよ。
彼女はペンで食べて生きたいって思った時期があったくらい(想像)魂込めて文章書いてます。




彼女が悩んで悩んで細ーくやつれてしまって、それから
北海道オフで癒されてぷくーっと元に戻ったの、わたしこの目で見ましたもん。





あ、この話題はもうしないんだった。





結論みたいなもの。

みんなできるだけ仲良くやろうよ。


ね(*´∀`*)








(この記事は特定の人を暗に非難するために書いたのではありません。ご理解くださいね。)

(って言うか「応援の記事とか書かなくていいですから」って言われてたのに。。 逆に迷惑かけたらどうしよう。。)


スポンサーサイト
2010.03.27 楽園


「光陰矢の如し」~~~


時間が早く経ち過ぎて焦ります。。







今、宮部みゆき氏の『楽園』を読んでるんですが

最初に出てくるキーパーソンのおばさんがね、53歳なんですわ。

それでもって
いかにもその年齢らしい服装と雰囲気で描かれていて

まぁ、属にいう「おばさん」ですね。(超おばさんっぽく描かれている)

「おばあさん」と呼ばれるにはあと15年くらいある(と言わせてw)、そんな妙齢です。






最初で衝撃を受けました。。

丸太、まさにその年齢です。。




そうね、そうよね~。すっかりおばさんの年齢よね~。ここに書かれているような。。









受ける衝撃の意味合いが著者の意図と全く異なっていましたが

宮部さん読ませますね~

推理小説って普段あまり読まないのですが

いや本当に自分で事の真相は何か推理したくなります。

昨日はお風呂の中であれやこれやと推理してしまいました。




あと少し残すばかりですが

早く読みたいけど、なんか急ぐのはもったいない。

そんな気分でおります。










冒頭に出てくる萩谷敏子。

善良であったかい人なんです。





おばさんでもいい。

こんな人柄を目指したいと思います(*´∀`*)


2010.03.16 「1Q84」
「1Q84」読みました。


(これから読まれる方ごめんなさい~
 と言っても全然深く掘り下げてません汗)





すごく楽しみにしていたし、どんどん惹きつけて飽きずに読ませるのは
さすが村上さんだな、とは思ったんですが
読んだ後あまり何も残らなかったのはまだこの物語が完結しておらず、続きがあるからなんでしょうね。





何も残らなかったというのは、ま、語弊があります。

両親が「証人会」と呼ばれる宗教団体で活動している主人公のひとり青豆。
この本をJW二世が読めば、自分の姿をそこに重ねて動揺せずにはいられないと思います。

一方でその親の立場に近似している丸太は
その親達が暗い洞窟で背を低くしている化け物のように感じられてゾッとしました。
つまりかつての自分は正常な人から見るとそのような存在だったのかなぁ、と。
重いものが体の底に残りました。。 瓶の底に沈んだワインの澱のように。



読後にいろいろ書評を読むと、
「さきがけ」と称するカルト的な新興宗教団体を、実在するさまざまな団体
(オウム真理教、幸福会ヤマギシ会、連合赤軍のような過激派?)をごちゃ混ぜ的に表してるのに対して
「証人会」に関してはそのものズバリに「エホバの証人」と同義として表現しているのはかなり特殊みたいですね。
ほんとうにこの「証人会」はエホバの証人そのものです。
何か村上さんに思惑があるんでしょうか。。?





丸太的には村上作品は少々苦手で、最初に「ノルウェイの森」を読んだのがいけなかったんだと思いますが、
「海辺のカフカ」でかなり魅きつけられましたので今回は相当楽しみでした。
引っ越し等々で読むのが遅くなっちゃたんですが、心して読みたいと思ってたので。


まず世間でも評判になった冒頭に出てくるヤナーチェクの「シンフォニエッタ」。
この大好きな曲が出てくるだけでも読むに値したんです(笑

一時期吹奏楽のコンクールの自由曲でこの曲が流行ったんですね。
「流行った」という言葉では片付けられないほどこの曲は難しいんですが。
金管の華やかさが素晴しい曲です。

余談ですが、丸太吹奏楽を6年きっちり経験してます。丸太の青春ですね。ごめんなさい。
(それで体は弱いんですが、肺活量は相当です(笑)



総じて丸太的にはブランドの名がうじゃうじゃ出てくると拒否反応を示してしまうんですね。
だから「ノルウェイの森」はまったくその点でダメでした(そこか!?!
それからよく言われる性描写。あれがそこまで必要か。アレルギーが出ます。

加えて言わせてもらえば
村上さんの作品って土とか汗とか、そんな匂い(臭い)が無いんですね。
そこがかれの魅力でもあるし、ある人々を惹きつけるんだと思うんですが
丸太的には物足りない、もしくは心が揺さぶられない、というところでしょうか。





でも、ここで書いたのは教養のないただのおばさんですから
村上ファンの方許してください~
こう言いながら、ミーハー的にこれからも村上さんの著作は読み続けるはずです。多分。



読むまで知らなかったんですが、主人公のひとり、天悟のアパートが高円寺にあるという
この設定だけでも丸太にとっては小躍りできる、というオチでした~(*´∀`*)



ぜひ皆さんも一読あれ。
自分の身に引き付けて読むのもよし。
長い悠久の流れを意識して読むのもよし。


村上ワールドが楽しめます(*´∀`*)






昼寝から起きて外を見ると、な、なんと雪が積もってるじゃありませんかー!

こりゃ風邪も引くわ~


昼寝とはなんと有閑マダムだとお思いでしょうが

昨日から風邪気味なんです。。

あの昼風呂がいけなかった。。

やっぱり普段やらないことは止めといたほうがいいですね。



なんだか今年は例年になく ここ東京冷えてるみたいで

新参者としては寒いです。。

家に付いてるエアコンも見かけは綺麗だけど、古いし暖っかくないし電気代高いし。。

とか、大家さんごめんなさい。




丸太、寒いのが大の苦手。
子供の頃はかかりつけのお医者様から
「○っちゃんはハワイに移住しなさい」ってまじで言われるほど
冬になるとひどい風邪をひいて学校を2週間くらい休んでました。

冬は風邪で体重が4キロくらい減ってそれを夏に取り戻すみたいな感じで。
でもリアルで会った方ならご存じですが
丸太背が高いもんで
小学校6年の時にすでに身長が160センチあったんですね。

それで中学校からバレー部にスカウトされるとかして。。

ムリムリ! なんせ体力無いから。
バレーボールとかしたら死んでしまいます。

運動も勉強もできたんですが、なにせ体が弱い。
(あ勉強できると勘違いしてた。。 知恵に欠けてるのに後年気が付いた。。)

地域でも評判の病弱娘でしたばい。

学校の席替えがあるじゃないですか。
冬になると大きなストーブの横が丸太の指定席で丸太だけ席替え無し、とか。。
背が160センチもあって体が弱いとかただのデクノボウですよね~汗



それが大人になって判ったんですが、原因があったんですね。
あんだけ風邪ウィルスに弱いのには。


どうもウイルスが体に入ると、普通は白血球がぐっと増えて体が臨戦態勢に入るんですが
丸太の場合、一旦減ってしまうんですね。
それでその間にウィルスがどんどん増殖するもんだから
病状もひどくなるし、長引くんですねー。
簡単に気管支炎になる。

だからとにかく風邪ひかないように予防が大切です。
うがい手洗いは常識ですが、丸太的にはマスクは非常に有効だと思ってます。
丸太的臨床の結果(偉そうに何言ってんだか

先日もカラキナさんに
「花粉ですか~?風邪ですか~?」って尋ねられたんですが
皆さん、丸太のマスクは風邪予防なので笑わないでください。
デクノボウがマスクしてたら可笑しいと思いますが、笑わないでくださいねショボン



効果を確信して(っていうかすっかりオバサンになって平気になったので)
ここ4年くらいは冬から春はいつもマスクしてて(春は花粉対策)
これで集会に行っても罹患がかなり減りました。
集会に行かなくなってから、まさに!風邪ひかなくなりました。
JW辞めた甲斐があった!(笑
あの空間はウィルスがうじゃうじゃなんですよねー、きっと。

開拓奉仕してた頃は疲れるし、集会でウィルスもらうしで、月に一度は熱を出してました。
自分の限界知れ!ってことですよね。

家族も「またーーー?!?」って感じで誰の同情もひかないほど風邪ひいてました。。





なぜこんなに導入部が長いんだ。。



だから、こんなに丸くて太くて病気なんか避けて通るだろう的な見かけでも弱点があって
一旦風邪をひくと簡単に気管支炎になったりして重症化するので
約束とかしていてもドタキャンしたりすることがあるんですーってことが言いたかったのです(長い!

なにせ見かけが見かけだけになかなか「体が弱い」って信じてもらえないんですよねー
しばらくお付き合いすると「ほんとうに弱いんだー(´・ω・`)」ってことになるんですが。


体の丈夫な人にはわからないんですよね。こういうナイーブな点は。
ウチの夫も超体が丈夫なので、こんなデリケートな体質が理解できないみたいです。。残念
夫は下痢をしたこともない。風邪を仮にひいてもすぐ治る。そもそも風邪をひかない。
スゴイな~
うらやましいな~





先日新型インフルエンザの予防接種も済ませたし、ちょっと油断してました。

たぶん土曜日にお薬もらいに近所の医院に行った時にこの風邪もらったんじゃないかな。。
軽い睡眠導入剤をもらってるんですが、風邪とかもらうからいやなんですよね~病院行くの。





なんかぶつぶつ言ってしまいました。。  スミマセン




猫と一緒に昼寝したときに寒気がしてたんだけど、熱が出てるのかな。。

引越し以来体温計が見つかってないのです。。




ぶつぶつブツブツ・・・・・・・・


初ガソリン



ああスミマセン

つまらない写真で。。

でも丸太にとっては一大事でして、上京してから初ガソリン投入です^^
GSのお兄ちゃんの後姿入れたかったんですが間に合いませんでした。。汗

何してもドキドキです



引越しの時 海老名近くのS.Aでガソリン入れて以来初めてなんですよねー

どんだけ運転量が少ないんだって話ですが

調布市の方までは何回か運転してます、が、あとは近場ばかりで。。









ついでにつまらない写真を数枚。

中央線

上を中央線が走ってる交差点です。。  ツマラナイ画像ダ



環七

環七の横で信号待ち。。    マッタクツマラナイ画像ダ






でもですね

丸太にとってはいちいち感動的でですね、こうしてちょっと記録に残しておきたいんですね汗





きょうはチャリで走ってて、つくづく新しい環境ってワクワクして好きだなぁってひとりほくそえんでおりました。







えっと
土曜日には足立区の方までTAMAGOさんという美人でナイスな元JWの方の演奏会に行ってきました。

行ってきたとか偉そうなこと言ってますが

付いて行ったと言うのが正確な表現です。

カラキナさんとそのご主人様に付いていったのです。



TAMAGOさんはすごい人で、もう歌声は素晴しいです!

ソプラノも美しいけれどもアルトの声にもしびれました☆

久々の生演奏に触れていたく感動した次第です。

自分が東京でクラシックな歌曲を聴いている、というシチュエーションにも勝手に感動してしまいました。








それからね
あの!
とらちゃんにも会ってきました! ウシシ
どこかの組のおにいさんかと最初思いましたがすんごくカッコよくてかわいいの(*´∀`*)

それに暑い、じゃなくて熱い御仁です。またゆっくりお話したいです。
今度浅草案内してもらう約束したんだ~(≧ω≦)





それからね
帰り一人じゃ帰れないからカラキナさんのご主人に送ってもらったんですけど

顔合わせは今回が二度目なんですが

もうそりゃいい人でね、

ご両親がほぼ丸太と同い年くらいで。。


あんなに癒される優しくて賢い青年は滅多にいないべ、って感じの

カラキナさんにはもったいないぴったりの素敵な方でした(*´∀`*)

過度に負担にならない程度の親切でね~


いやいやカラキナ女史がうらやましい。。
(でもねカラキナさん、あれでかなり「利家とまつ」のまつあ【間違えた】山内一豊の妻っぽいらしいです)








とか人のこといい加減に書いてしまいましたが

また時間が取れたら詳しく書きたいですね。







自分
かなり飲んでも壊れないんだなぁ、ってこともここんとこのオフ会で初めて知りました(*・ω・)

お酒に強いってこと?







関係各位の方々たいへんお世話になりました~^^




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。