上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.16 shout

(無駄に長いです。。  後半が本題です。。  スミマセン。。)



車を運転する機会が増えました。

人間って慣れるもんですねー
この歳になってもやっぱり場数です。

ここ中野の、二台でギリギリの道路を右も左も自転車が走るもんですから
目が左右にきょろょろしますw




でも初めてこの界隈に乗り入れてショックを受けたあの日以来
二ヶ月ちょっと?

我が家のお引っ越しの日を○ラキナ女史がすぐ言えるのにはいつもビックリしますが(笑
(ありがとうありがとう)

最近は歩行者をあまり怖いと思わず運転できるようになりました(それこそ怖い!


今日なんか傘さして左右を行き交うもんだから
「もう!」って感じですが、逆の立場の時にも
「こんなとこで車乗んな!」とか思ってますからねー

人間勝手です(笑


少し距離を伸ばしてドライブできたらいいですね~




車に乗る機会が増えたといっても
ただ上の子のとこにおかずのおすそ分けを持って行くだけなんですが。。フフフ

でも昨日から熱を出していたので
親ばか丸太はネットでどこの病院がいいか調べて
今朝、「病院に行かなきゃだめよー」とか言うためにしつこく携帯鳴らしたら

「んん?もうちょっと寝かせて~~~~Zzzz・・・」。。



喘息もっててしかもすごい咳をしてたので心配でね~

その上熱が出たら肺炎になるかも。。とか。。



夕方行ってお茶碗も洗ってきてしまいました・・・(;´Д`)

こんな時こそ彼氏にがんばってもらうような機会にしないといけないんですが
彼氏さんもなかなか残業の多い仕事なので
少しでも助けになればと思っちゃうんですよね~

でも自重します!

ほんとうです!





あぁ
こんなこと書いてたら
自分の親とうまくいってないJW二世さんたちに申し訳ないんですが
丸太は今罪滅ぼしという意識もってて
子供達に出来る限りのことをしてやりたいんです。
ごめんなさいね。




先日のどせいさんのオフ会でも

カラオケで shout する若者を眺めていると、あ、ぜんぜん不快感は持ってないですよ

「あぁこの子たちは大切な時期にムチを受けて大きくなったんだなぁ。しかも半端ないムチを。。」
と思うと何とも言えない気持ちになりましてねぇ。

文章力が無くってほんとうにうまく言えないんですが

取り返しはつかないけど、今を一生懸命生きているこの若者たちが
愛しくて愛しくてですね。。


あぁ自分はあまりムチをしなくてよかった、なんていう傲慢な考えもチラと浮かんだり
いくら真理だと確信していても虐待とも言えるムチを平気でしていたJW親たちの愚かさを思ったり。。

でも彼らの親を非難したところで彼らは喜ばないでしょう。
自分を鞭し傷つけた親でも愛しているんですよね、と思うんですよね。




ただただ今の幸せを、ささやかではあっても将来の幸を願わずにはいられません。






翻って
丸太さん
自分は完全にJWの呪縛から解かれてオフ会楽しんでたりして
子供は納得しているのか、という問題がありますね。


確かに難しいところです。

その辺は丸太も非常に悩むところなんですが

一応 上の子はもちろん 下の子も
「楽しんできたらいいよ~。  いい事だと思うよ~(*´∀`*)」

と送りだしてくれるんですが、
きっと下の子なんか一抹の寂しさと矛盾を感じていると思うんですね。



下の子は長く引きこもっていたし、
諸事情あってすぐにオフ会とか無理だと思うんですが

丸太もね、下の子が不登校になって以来
開拓奉仕もおりて
集会と奉仕と主婦業とだけで
できるだけ楽しみの少ない隠遁生活もどきを送っていたわけなんですが、

果たしてそれが子供にとって喜ばしいことであったかどうかは
疑わしいんですね。

ま実際うざかったみたいです・・・泣



それ関係のものの本にもたいてい書いてあるんですが

不登校になったり引きこもったりしても
親なりの楽しみを見つけて親が生き生きと日々を送っているほうが
本人にとってもbetterみたいなんです。長い目で見るとですね。





さっき「丸太はあまりムチをしなかった」と書きましたが

これは単なる言い訳です。

子供達をJW教理の下に抑圧していたのは間違いないんです。



当時
もう激しいムチ世代は過ぎかかっていたんですが

多くの親たちは楽園を確信してて
子供達を絶対に楽園に連れていきたい、

21世紀は来ないと言われるほど「終わり」は近いんだから
どんな方法でも「従順」を学ばせないといけない、と必死でした。
手をつないで楽園に入りたいと真剣に願っていたんですね。

その頃の感情は今でもはっきり覚えています。


むちを正当化するつもりはもちろんないけれど
当時の親たちのとった行動の多くが
子供達の幸せを願ってのものだったことは間違いないと思うんですね。


動機が良ければ何をしてもいいということにはもちろんなりません。




ここがJWのようなカルト的な宗教の罪の大きいところですね。

信じていた親たちも結局 今現在 幸福ではないんですから。。

抑圧された感情、過度に敏感な良心、裏切られる期待、将来への不安。。

いい事が少ししかありません。コミュニティの存在だけが彼らの支えです。




長くなってしまいました。
すみません。


いろいろ思いが溜まっていたもので。。

まだまだ書き足りないのですが
きょうは一旦おきます。


♪線路は続くよ~  どこまでも~♪


じゃないですけど
♪悩みは続くよ~  どこまでも~  ですなぁ。。




<追記です>

結局何が言いたかったんだろうぁ、と読み返してみたんですが


JWは害も少なくなりつつあるし、
ま細々とやってりゃいいんじゃないか、とか
もうその分には自分には関係ないし思い出したくもないから
JWには関係せずに自分の生活に邁進したい、とか

そういう考えは捨てて

今なお不幸の連鎖が止まってないんだったら
それを断つために役立つこととか
せめて「こんな宗教に関わったがために、こんなに辛い目をして
     それでもがんばってる人たちがいたんだゾー」とか
そんな記録が残せるんだったら
自分で役に立つことがあるならやらなきゃいけない!とか

そんな気持ちになってます。



「臭い物には蓋」じゃいけませんよね。






スポンサーサイト
2010.02.13 元気ですよ

なんだか暗い記事のまま間が空いてすみません。



元気に忙しくしております(*´∀`*)







きょうは JW.com どせいさんに会いに横浜に行ってきます。

みぞれ混じりのお天気でちょっとblue。。



雨になっちゃうと駅までのチャリで相当濡れちゃうんですよねー






でもホットなホットな週末になりそうです。




どせいさん、ご参加の皆さま、子守役のカラキナさん

よろしくお願いいたします~☆



なかなか難しいです。。






ヒッキーはほぼ脱したとしても

自立への道のりは遠いかなぁ。。




完全に経済的に自立するのはほぼ無理でしょうねぇ。。








丸太弱気になってますが

これはいつものことなんです。

ここに書かないだけで。。

難しいことがいっぱいです。






天からお金でも降ってこないかしらん。。

悲しいこと言ってちゃいけませんね。

ごめんなさい。

ちょっとぼやいてみましたw





今朝はご近所の雪かきの音で目が覚めました。
昨夕からかなり積もりましたよー




昨日、2月1日。
上の子が近所に(自転車で南に約20分)引越してきました(*´∀`*)
あの子の引越しはだいたいいつも雨です・・・



二年前の同じ日、ツテもなかったのに単身上京したんですよね~
というか正式に契約したアパートに入居した日です。
感慨深いです。

二年間支えてくれた彼氏さんともビックな出来事があったみたいで
家族みんな幸せな気分に浸っています(*´∀`*)

心は暖かかったんですが
昨日は雨の中 下の子と自転車で新居まで往復して
ビショビショになってしまいました・・・(((;゚Д゚))
雨の中傘もささずに走ったらもう大変なことになりました・・・
(傘さし運転はあぶないでしょう?)
駐車場がないので車ではなかなか行きにくいのです。


早めに帰宅してしばらくすると外は雪。



お風呂に入って温まった後だったけど
さっそく子供と雪だるま作りです。。(≧ω≦)  (どっちが子供じゃ?!?
やっぱり雪は特別美しいですね~
小さな雪の結晶を掌にのせて見るのが大好きです。

北の地方の方は困ることも多いのでしょうけれどね~。








子供の引越しも完了したし、やっと落ち着けそうです。

今朝は電車が止まってたみたいだけど
無事に行けたんだろうか・・・?











排斥になってからなんとか復帰しようと頑張っていた上の子。
みんなから いないかのように振舞われる集会にも懸命に行っていましたが
心を壊してしまって暗い海の底にいるようでした。
あの頃の記憶は丸太も子供もはっきりしないのですが
現在のような軽い清々しい気分で生活できるなんて想像もできませんでした。


殻を打ち破って行動してほんとうによかった!!!




家も近くなったし、ウッシッシ。

あまり世話を焼きすぎて嫌われないようにしなくちゃ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。