上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.22 徐々に復活。
少し持ち直してきましたよ(*´∀`*)

優しい励ましのお言葉をくださって
皆さんありがとうございました。

上の子が「丸太さん元気がないみたい。心配。。」とかメールくれまして(´・ω・`;)
心配かけちゃいけませんね。。


大人ですからね。いろいろ考えました。




丸太はですね、もし 自分の意識ははっきりしているのに、体が動かない病気になったとしたら、看てくれる家族が許してくれるなら、人工呼吸器を付けてでも生きていたいと思っているんですよ。
突然なんですが。

色んな経験をしてたくさん本も読んで、体は駄目になっても頭の中は自由に過去や未来に、さらに空想の世界へと旅することができます。
ひどい雷の時でも(最近 雷がすごいんです)、「嵐が丘」のイングランドの荒れた丘をを想像したり、「赤毛のアン」だったらどんな連想をしただろう?とか、「大草原の小さな家」のあの二階から見る雷雨ってどんなだろう、とか(なんか丸太さん乙女ですね。汗)楽しい考えを限りなく広げることができますよね。

もし誰かがページをめくってくれれば本も読めて さらに知識を増やすこともできます。




ただ いつ機械の不調が起きて、呼吸が止まるかもしれない、という想像もつかない恐怖とは闘わなければなりませんが。






母は「筋萎縮性側索硬化症・ALS」という恐ろしい病気だったんですが、72歳という年齢も、また父が前年に亡くなったことも、彼女に「人工呼吸器を付けない」という選択をさせました。付き添う家族のことも考えてくれたのでしょう。

でも わたしはどんな体でも母に生きていてほしかった。

呼吸器の筋肉も働かなくなって自発的な呼吸が出来なくなった時、どんな治療を望むのか予め主治医の先生と決めた時、母の希望のないうつろな目を見ながら、丸太は
不謹慎にも大声で泣いてしまったのです。涙を止めることができませんでした。

もし、自分がエホバの証人でなかったなら、あの時 母の意志を無視してでも、人工呼吸器という選択をしたのでじはないかと、今でも苦い苦い悔いが残ります。

まだ「復活」を信じていたんですよね。これ以上母を苦しめるより、早く楽にさせてあげた方が良いのではないかという愛情(?)でもありました。


精一杯のお世話はしたつもりですが、この後悔も 生涯丸太に付きまとうことでしょう。






いつも前置きが長くってすみません。


母のように難病を患ってまばたきしか出来ないようなー涙が出ても自分の手で拭うこともできないようなー生活を強いられている人も大勢おられます。
生まれつき体が不自由な人も精一杯生きているかもしれません。

そんなことを思うと、自分はJWに多くの人生の時を奪われ、家族とも難しい問題を抱えているかもしれないけれど、健康な体と自由に使える精神をもっている。

だから ぐずぐず思わずにできることをこつこつやっていこう。って思いを整理することができたんです。
(結論までの説明が長い!)



落ち込むことはあっても こうしてまた立ち直ることができるのも、あのJWのことも含め様々な経験があったが故なんですね。
無駄に生きた人生なんてないのですね。






ということで、今年は年初に「考」とかいう漢字に決めていたのが、いきなり前倒しの「楽」になってたのが、やはり初志に戻りました(*・ω・)





Angeさんのブログで 改めてJWのやり方の汚さにもびっくりしたしねー


いや あれほどの周到な対処ができるというのは、10代でJWに出会って以降どんだけAngeさんが苦労されたのかを物語っているなぁ、としみじみ彼女の人生も思ったのですよ。
幸せになっていただきたいです。






追記・人工呼吸器を装着するということは大変なことなんですよ。
 難病の病棟で 付き添う家族を含めたくさんの事例を見たのですが、簡単に結論出せるようなことじゃないです。
 事前の意思を明らかにしておくのは大切だと思います。
 もう自分は脳がやられてたら、自然死させてほしいですね。
 「目」意外は臓器提供したいと思っています。
 「目」は丸太にとって命にも等しいほどお友だちなので、変な考えかもしれませんが、遺体にくっつけておいてほしいです。
 変なこと書いてごめんなさい。。


スポンサーサイト
ちょっと元気のない丸太です~


下の子の言葉に打ちのめされてしまったのですが、いやこれは、子供に罪は無くて、ほんとうに丸太のせいです。
具体的な言葉は書きませんが、もちろんJWがらみです。にんともかんとも こればかりは償いようがなくてですね・・・



あぁ、もう言葉に詰まります。



普段は結構仲良く楽しくやっているのですが、言いたいことは山ほどあるのでしょう。
丸太がちょっといやがることをしてしまって(普通の親なら誰でもするようなことですよ)、それがきっかけとなって切れてしまったんですね。切れたというか、堰を切ったという感じでしょうか。



もう取り返せないですからねぇ。
丸太の30歳から最近に至るまでの20年ちょっと、枯れる前の一番元気な時をエホバに捧げた後悔よりもさらに深いですよね。ほぼ生まれた時からずっとエホバを押し付けられた子供達の、なんていう言葉で表したらいいのでしょう。恨みにも似た怒りの雄叫びです。



次の日には「言い過ぎてごめんなさい」と謝ってくれたのですが、こんな言葉を吐くような状況に追い込んでしまった、親としての自分自身がですね、情けないというか悲しいくらいに愚かだったというか、そんな気持ちが残ってしまってなんにもやる気が起きません・・・

幼い日のあの愛らしい姿は今でも丸太の脳裏に焼き付いていますが、あの可愛かった子供からこんな非難を受けるような日々が来ようとは・・・


文章にするのもうまくいきませんねぇ。




とちょっと同情をかうようなことを書いてしまってごめんなさい。


ぼちぼち頑張りますね。



JW組織の言行不一致、不誠実さ、事なかれ主義を明らかにされているblog

Loisir…Ange-Coco

一気に読ませていただきました。
頭の芯が重くなりました・・・

現役エホバの証人の方にも是非読んでいただきたいです。




そうなんですよねぇ。

長老たちの独善的な事の処し方にどれほど多くの羊さん(JW式に言うと)が苦しめられているか。
善良な長老自信がその善良さ故に苦しんでいる例もありますよね。


ごく最近のこうした経験を綴ってくださって、その行為に感謝しながら拝読したいと思います。




書くということは思い出すこと、思い出すということは心が痛むことですよね。
Angeさんご夫婦には それを乗り越えて 将来の幸を目指していっていただきたいですね。

ご本人に直接伝えられないんですが、応援しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。