上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おくりびと」の記事以来随分と経ってしまいました。

JWに関わっていて 振り返ってみる とこうしておけばよかった、ああすることもできたのに・・・と悔やまれることばかりですが、とりわけ大切な人の死に対しても もう取り返しがつかないんですよね。
自分がJWの信者で非信者の死に遭遇すると、亡くなった人に対する思いよりもまず、エホバに対してというか組織の言うことに対して罪を犯すことがないように、という事ばかりに気を取られてしまって、大切な最後のお別れの時間や思いを脇に追いやってしまうことが多いのです。



思い返せば、丸太も両親を立て続けに亡くした時もそうでした。
悲しみだけでも自分で背負いきれないのに、その上出来ることと出来ないことをうまくこなさくてはならないし、大切な人を見送る心構えというか惜別の時間をみすみすくだらない教理に惑わされて本当に残念なことをしました。


長老などは、「不安があったら行きますよ」とか言って、あれって何の目的なんですかね。やっぱり監視しようってことですかね。
愛の無いそんな申し出は一蹴しましたよ!

「姉妹のお気持ちよくわかります」とか言いながら「こんなときにサタンが・・・なんたらかんたら・・・」
あんたに何がわかる?!? ですよ。


大事なことをスルーしてしまってるんですよ。


そんな中、父亡きあと母を送るときには、郷里が遠くて親戚が間に合わないので、丸太の実の兄弟と一緒に納棺の儀を見守りました。
訪問入浴みたいにして「湯灌」もしてくだっさたのですが、あの映画のように無駄のない、それでいて亡くなった人を大切に包み込むような扱いが素晴しかったです。


丸太の姑は舅のお葬式を見越して、とっても良い生地で着物を誂えていたんですが、そういう行為は心のあり様をよく表しているんですね。「死」に対する心づもりができているのです。

JWなどは「復活」「偶像崇拝禁忌」などという教理があるものだから、とっても大切なことを見失っています。
「復活」を本気で信じているんだから仕方がない、むしろそれが希望にもなるんですが、いかにも高尚なことを口にしながら結局は形式主義に陥っています。心でどこまでエホバという神に信仰をもっているかを偶像崇拝しない行為によって測っているようなものです。



「おくりびと」の納棺の儀式に象徴されるように、長く日本で営まれてきたお葬式には大切な人を見送る残された人の心を整えているんですね。

その大切な儀式に参列しないだの、線香は上げないだの、ほんとうに泥をかけるような行為です。

亡くなった人を目の前にして、死がどんなものかを見極め、自分の今までの生き方やこれから死に至るまでをどのように生きるかを熟慮することはとても大切なことです。



あぁ、でも今だからこんな偉そうなことが言えるけれど、自分が当事者だった時には今自分が批判していたようなことを平気でしていたんですよね。
でも やっぱり何かがおかしい、というような気持ちももっていたんですよ・・・



現実の死から目を遠ざけるような風潮がある現代、人の死を通して多くのことが学べることを忘れてはなりませんね。
形式はどうであれ、また盛大過ぎる儀式も問題ですが、それに参加するかしないかに思いを乱されるのではなく、もっと本質的に大事なことを見失わないようにしたいものです。




病院で看護婦さんが付けてくださった口紅があまりに似合っていなかたので、母に丸太が自分の口紅を塗ってあげたのですが、死んだ人の唇は寄った皺が戻らないんです。手を加えて元に戻さないと。
この時にほんとうに母には命が無いのだということを実感して、悲しいという言葉だけでは表せない気持ちを経験しました。

口紅自体は後から納棺師さんが綺麗にお化粧してくださったんですけれどね。




「死ぬ」ということが怖いから「復活」という教えはより魅力的に思えるんですね。それが可能だったらどんなに素晴しいでしょう。
自分が死ぬと思っていなかった、つまり楽園が非常に近いと信じて疑わなかった者にとって、この「死」を受け入れるということが大きな挑戦です。
二世の皆さんもそうでしょうけど、とりわけ一世にとってはこの点はかなりの挑戦になるのでは、と思います。


JWの言う復活があるにせよ無いにせよ、死者を思いを込めて送る価値が変化するわけではないと思うんですよね。




話が少し脇道にそれますが、北方謙三さんの著作の中にある「なぜ生きるのか」と迷うくらいなら、「どう生きるか」を考えろ!という精神、見に沁みます。
(北方謙三さんはハードボイルドばかり書いていあるわけではありませんよー。『望郷の道』という作品は非常に胸が熱くなりました。)



たらたらと書いてしまいましたが、人の生き様や一般の書物に学ぶことは非常に多いわけです。そういう知識をサタンからのものとして退けるのはほんとうにナンセンスです。



「なぜ生きるのか」と迷うくらいなら、「どう生きるか」を考えろ。
この言葉かなりこたえています。その通りだと思うからです。

スポンサーサイト
エホバを離れようと決めて行動に移し始めて約1年。これからの人生はいわば贖罪のように生きて行こう。家族に対して、また自分が組織に導いた人たちに対するお詫びの人生にしよう・・・

とか考えて非常に自粛ムードの一年だったわけですが、なんだか東京に行ってあまりに楽しかったものだから、人生のエアポケットに落ちたかのような日々を過ごしておりました。

体が疲れたとかじゃないんです。気分がすごく変化したものだから、仕事にも身が入らなくて、やっと本腰になってきました。2週間かかってますね・・・(;´Д`)



来年を「楽しむ」年にしようなんて言ってましたが、気分がちょっと先行しちゃって。
こつこつ貯金するために また頑張ります!

と言いながら ここんとこ本ばかり読んでました。

それと 両親の介護と自分の体調不良の間、床のワックスがけを全然してなかったのでツヤが無くなってしまって・・・
これでは夫にあまりにも申し訳ありません。少しづつワックスがけをしております。
でも 一、二度塗っただけじゃ全然ダメですね。しばらく本腰入れて床に磨きをかけたいとも思っております。




さて
皆さんも転載していらっしゃるんですが、一世ですが丸太も一役買わせてください。
「東京オフ」が開催されるそうです^^
以下 ばうちんさんとこより転載しますです。

******************************

日時:7月18日(土)
場所:都内のどこか(多分いつもの辺り。。。)
時間:1次会:15:00~、2次会:18:00~、3次会:24:00~(予定)
締切:7月3日(金)
連絡先:toshiki@apost.plala.or.jp

主幹事は「としきさん」

詳細が決まっていくごとに連絡を差し上げます。
前回同様で、ブログ形式の連絡になるかもしれません。

*******************************
(転載おわり)


いいなぁ・・・

元一世とかが行くとやっぱり「なんかなぁ」とかなったら申し訳ないので 遠慮すべきでせうかね?

大人らしく考え、振る舞いませうか・・・


実に楽しかったです。東京。


こんなに楽しめるんならもっと早くに行けばよかった。
でも気持ちの余裕が無かったんですよね。


お花見に帰省しようかな、って子供が言うものですから、それなら母が行くべ、と急にその気になりまして。



往復を夜間の高速バスを利用したので、車中2泊、正味3日の滞在でした。自宅に猫タンがいるので、これが限界です。
今年は「節約」の年ですから、バスをガンガン利用したいと思います。

眠れるか心配でしたが、さすがオバサンは強し!



意外によく寝たので元気満々。着いて早速目的地の一つ、国立西洋美術館にGOー!大きな荷物がらがら引きながら、というか引いてもらって山の手線へ。



ブリジストン美術館にも行きたかったのですが、子供が「ルーブル美術館展」の方がいいって言うもんですから、上野に行きました。ルーブルは地方でも結構見る機会があるんですが、観たい絵があったんですよね、子供が。どのみち詳しいことはわからなくて、ミーハー的鑑賞ですが、それでもいいんです!

美術館1

美術館2

美術館3

美術館4
(こんなに写真はいりませんね・・・汗
 写真に久しぶりに写って太ったことを自覚しました・・・汗)


とっても良かったです~(*´∀`*)
いいスタートが切れました。
それにしても開館と同時くらいに行ったのにすんごい人で、
帰る頃には入館に並んでましたが(((;゚Д゚))
ウィークデーですよ?!?
何かしおりの一枚でも求めたかったのですが、あまりの人だかりで買う意欲が失せてしまいました・・・
人、人、人。これぞ東京。
でもそれも結構好きです^^




昼食はパスタ。昼間っからビールで乾杯をしました(*・ω・)
冷えたビールが実に美味しい。何回も「再会を祝して!」と乾杯するものだから、「お母さん、いい加減にしなさい。」とたしなめられました・・・
でもさ、以前は「乾杯」もできなかったんだから、嬉しいじゃないですか。ねぇ。




そして、いざアパートへ!
なかなか便利で静かな環境にありました。「あぁ、ここを歩いて駅と往復してるんだなぁ。」などと感傷に浸っておりましたが、部屋に入るなり、どっと物が目に飛び込んできまして・・・
次の日は一日掃除と片付けをしておりました・・・
主婦目線で見ると気になるところ多々ありで。





思えば、排斥になって一年以上頑張っていましたが、あまりに精神的に辛そうで 思い切って背中を押して東京に出てから約一年。
やりたい事をやらせず、押さえ付けていたのは紛れもなくこのわたくし。

今さら頑張ってみたらと言われても年齢的なこともあるし、思うようにはいかないと思います。
でもこの大都会でアパートも仕事も自分で決め、何とかやっているのはあっぱれです。
(ま、アパート代は半分援助してるんですが、それくらいはしてやりたいのです・・・)

確かに現実は厳しいようですが、田舎で悶々としているよりも、思い切ってチャレンジしてみてよかったのではないかな、と感じます。

何でも相談できる友人というのもできないみたいなんですが、幸いにも想い想われる人には出会いまして、今回も2日間ご一緒しました。
最近は「恋人」とかいう表現はあまり使わないみたいですが、その言葉がぴったりで、もうアツアツで(やってらんない!)互いを大切に想ってるのが伝わってきました。
相方さんも真面目な人で、最後バスに乗るまで付き合ってくれて、本当に嬉しく心強く感じました。このままずっとうまくいけばいいですね~。




あ、それで、二日目の夜は、掃除の後(笑)、その恋人二人とおばさんで、相方さんが学生時代よく通った居酒屋さんで「乾杯!!!」。
安い上にとっても美味しいお料理をたらふくいただきました。
楽しかったです。






そしてラストの日。
新宿御苑にお花見に行きました(*´∀`*)

お花見1

若い二人は「新宿御苑?聞いたことない。」って感じだったんですが、丸太はネットで下調べしてたんですよ。
まだ見頃には早かったです。

mama_tokyo 032

でももうビニールシートがびっしりで、宴会が盛大に行われておりました。私たちはお花をそぞろ見て歩きたかったんですけどね。
とにかくここもすごい人で。
でも高層ビルにぐるりと囲まれた庭園の桜もおつなものでしたよ^^

お花見4

お花見5



行ってみたいところは山ほどありますが、これから何度も足を運んで楽しみたいと思います。
今回はとりあえず、どんな生活をしているのかを確認したかったので。


成果は上々。思っていた以上に楽しい滞在でした。





ここを見てくださる方の中には 親との関係が難しくなってる元二世もいらっしゃるでしょう。
無神経な記事を書いてるようでごめんなさい。

でもね、親御さんは今は惑わされてるかもしれないけれど、いつか目が覚める時が来るかもしれないし、そうでない今だってきっと我が子のことを心配してると思うんですよね。そうであってほしい。
丸太だって、前のままだったら、やっぱり今のようには素直に感じれなかったかもしれない。でも丸太も知って大きく舵をきりました。難しいかもしれないけど、その可能性は今のすべての一世にもあるんですよね。
うん、簡単じゃない。それに親に対する恨みだってある。
でも離れた人なら「嘘も方便」だって使えるし、嘘ついてでもできるだけ親と良い関係を保って、親が何か不信感を持ったときに組織を離れる助けになってあげれたら、って
そんな風に希望するのはやっぱり虫が良すぎますね・・・


こんだけ見解が変わって、終わりも来ないのだから、不信感持ってる人は多いと思うけれど・・・

歯がゆいです・・・






ところで
せっかく東京さ行くんだから、ブロガーの、例えば「ゲ」さんとかお会いしたかったんですが、今回は「エホバ」関係抜きで子供だけに向き合って楽しみたいと考えまして・・・
味をしめましたから また次回行く折には誰かとお目にかかれたらいいですね~
っと言っても、ま、こんなおばさんに会いたいと思う人はそういないでしょうけども・・・

もし機会がありましたらよろしくお願いいたします(*´∀`*)


それではおのぼりさん報告おしまい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。