上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意識して選んだわけではないのですが、最近読む本は「生きる」ということや「命」について考えさせられると言うか、手がかりを与えてくれるものが多くて感謝感謝です。


讀賣新聞の「本 よみうり堂」というのをご存じでしょうか?
日曜日に3ページにわたって掲載される楽しみなコーナーです。
ここでは主に新刊の書評が書かれているのですが、最近は文化人類学者の方や脳科学者、生物学者といった方々が書かれた書評を参考にしています。貴重なお金を使うわけですから 失敗したくないので(!) どんな本を買うかの目安を立てるわけです。とても参考になります。そして失敗がありません。

それでも全部買えるわけじゃないから悩むんですよねー

最近アマゾンで注文したのもほとんどこのリストからのものです。



今読んでいるのが カナダのアリステア・マクラウドという人が書いた『冬の犬』。
青少年向けと言ってもいいかもしれませんが、大人が読んでこそ深い意味を探れる物語だと思います。
短編が8編載せられているのですが、どれも作者が厳しいカナダの自然の中で幼少時、青年期に経験したり伝え聞いたお話です。
舞台はスコットランド高地から移民が多く住む、カナダ東端のケープ・ブレトン島。赤毛のアンの、あのプリンスエドワード島の隣のようです。


自然の厳しさ、家族のあたたかさ、運命の過酷さなど、またそれを通して 命の意味や命をつなぐということ、命が時代を超えてつながっているということなどを深く思い巡らし、何かしら深いところに落ち着きを得るような感じがします。




ちょっと話が飛んでしまうのですが、エホバの証人は「今が終わりの時」だから「世の中が悪くて」「1914年以来それが始まった」って言いますよね。っていうか自分もこの前までそのように言ってましたが・・・(;´Д`)
ある再訪問先の方は「今ほど良い時代はない!」と断言されてましたが(それでも話はよく聞いてくださっていた)、ほんとうに過去にどんだけ悲惨な時代があったかちょっと本を読めばわかることです・・・
NHKの大河ドラマ見ただけでもわかります。何しろ多くの民が飢えた時代、刀を振り回していた時代が長く続いたんですから。

もちろん地域性がある話ですが、今日どれだけ安んじて寿命を全うできるかを考えただけでも とても良い時代ということができるでしょう。

過去の人々が経験したことをよく知れば、どの時代にも心根が悪に傾いている人、乱暴な人、お金や権力を愛した人がいたことがわかるでしょう。

いや、環境破壊が地球規模になった!のは今世紀だって?
それも 産業革命以来の科学の進歩、人口増加、それに相まっての貪欲の当然の帰結でしょう。
たまたまそういう時代にわたしたちが生きているということです。




話は戻って・・・
過去の厳しい時代を垣間見れるのがこの「冬の犬」です。

病院の待ち時間に この表題の「冬の犬」を読んでいて不覚にも涙を落としてしまいました。

多くの血や涙が流された次代は過去に繰り返されているんですよね。
もちろん そのような生活が今日もなお続いている国はたくさんあるんですけれど。


あ、帯に小川洋子さんが素晴しい言葉を書いておられます。
「馬のひずめから舞い上がる、白い星のような雪の美しさ。遠い過去から受け継がれる死の記憶を、心静かに胸の洞窟におさめる人間たちの哀しさ。
本書は、この世に生きるものは皆、人間も動物も、与えられたそれぞれの生をただ生きてゆくしかない、という雄大な受容の物語を描き出している。」



さすがーーー!
丸太が言いたかったのはこれです!
「受容」。

自分が死の床に就くまでに、この「受容」ができるのか・・・
丸太の課題です。


手に取る機会はあまりない本かもしれませんが、機会があったらお読みください。お勧めします。



ということで、引き続いて、先々回の「葬送」について書きたいんですが、タイムリミットです。でも、近い内容のお話ではあったんですけど。





関係ありませんが、明日から上の子がいる東京に行ってきます(*´∀`*)

おのぼりさんだからとっても心配。でも楽しみです。


また何かしらご報告しますね~。


スポンサーサイト
WBC。

今回はなぜかほとんどの試合見てました。
よかったですねーーー(*´∀`*)

お仕事で見れなかった方たちには申し訳ないですが、いやさすが決勝戦、手に汗握りました。
一応 仕事しながら見てたんですが、手はほとんど止まってました(笑

9回の裏でもうだめかと思いましたよー
ダルビッシュかっこいい! 点は取られたけどよく最後まで辛抱して投げました!

それに さすがイチロー!
一番大切なところで決めますね。やっぱりイチローです。

もうとにかく良かったです。
韓国もとってもしぶとくて良いチームでしたが、日本を応援しちゃいますよねー

かつてあんなに疎んじていた「日の丸」を目を細めて見てました。




JWと関係なくてごめんなさい。


でも とにかくおめでとう!!!

来たーーーーっ!!!

宅急便を待っていたので、無防備にインターホンに出てしまいました(;´Д`)
でも 今回は慌てなかった!

あぁ、自分はほんとうに腹をくくったんだな~、と実感しました。
後から ガクブルすることもなかったし♪


以前にも同じような記事を書きましたが、あれからもう半年も経ったのかな?
あ、ありました。去年の10月に「奇襲!」という記事を書いてますね。かなり慌てていたようです(汗
あれから考えるとかなり進歩しているな、自分。さすがおばさんです。だてに荒波乗り越えてませんな。


それにしても、家の外で「姉妹、姉妹」を連呼するのは止めていただきたい。

「姉妹~、お元気でしたか~?巡回訪問中なので監督と寄ってみました。姉妹~、お目にかかれませんか~?」


お断りしました!
ほんとうははっきり「もう集会に行くつもりはありません。エホバの証人は辞めます!」と言いたいのだけれど・・・
もう少し時期と状況を考えたいと思っています。

とにかく「まだ元気が出なくて 申し訳ありませんけどお会いすることができません・・・ゴホッゴホッ」という感じで演技してみました( ^ω^ )

「姉妹~、お久ぶりです~。○○です~。姉妹のお声が聞けただけでも良かったです~。」と長老と同じことを繰り返す巡回監督(今でもまだこう読んでるんですよね)。


お帰りいただきました。





家の中では なんとなく避けてる感のあるJWの話題。別にタブーっていうわけじゃないんですけどね。なんとなく。

でも 時々 ホント不思議よね~っていう話になるんです。
あんなに真理だと信じていたのに。
それに あんなに長くお付き合いしていた人たちに全く会いたいと思わないなんて。

これこそがマイコンだった証だと妙に納得がいきます。



きょうは記念式の話題が出なかったから もう一度訪問が近々あるだろうな。
できたら顔を合わさないよう、用心深くあらねば・・・


目ざめよ!

先日の続きを書かなくちゃならないんですが、
↑ こんなのがポストに入っていて(いえ、姉妹が入れてくださったんですが)一言書きたくなりました。(あ、ウチスキャンが無いのでデジカメで撮ったものです。クリックしてみてね♪)

なんかやらしいですねぇ。相変らず・・・
「処方薬の乱用ーどうすれば家族を守れるか」 うん、これはいいんですけどね、写真が・・・
なんかパッと見た時 やらしいでしょ、日本人的に見て。
こんなの突きつけられて読む気普通起きませんよね。こういうグラフィックはアメリカ的なんですかね。20数年エホバの証人やってて結局慣れませんでした。出版物の絵や写真。

出版物の中に出てくる心霊術とか悪霊に関する画像も、ここまでリアルにしなくてもいいのに、っていうの多かったですよね。

「永遠に生きる」の本もすごかったですよね。
子供たちも、あの絵はなんか悪霊に取り憑かれそうで恐かったと言ってました。


それから「ものみの塔」がまた「耳タコ」ものです。

「円熟に向かって進んでゆきなさいー『エホバの大いなる日は近い』のです」
「若者の皆さんー進歩を明らかにしなさい」
「み使いたちー『公の奉仕のための霊』」
「『キリスト』のあとに従うのはなぜですか」

こうやってまたまじめな証人の良心を責めるんですね・・・やれやれ


ここの会衆には1960年代から証人やってるご夫婦が二組いらっしゃるんですが、同じような記事を何十回とやってこられたんでしょうね。
「不完全な私たちのために何度も繰り返して教えてくださるって、協会はご親切よねぇ。」などとよく言っておられましたが、いやホント実際は飽きるでしょうね。

能力の点でも経歴の点でも「世的」にいって立派な方たちですが気付かないんでしょうか・・・不思議です。
この繰り返しがマインドコントロールの一つの方法とは皆思ってもいないんですよね。
でも 日本での増加の一端を担ってこられた自負心があるのでしょうね~

一組のご夫婦は兄弟の足が悪いので 息子さん夫婦と同居したいみたいなんですが、お嫁さん姉妹がいやみたいで・・・
学んだことを実践していただきたいものです。
丸太はお世話にもなったし その老ご夫婦のこと好きだったので。




きょう、NHKの「プロフェッショナルー仕事の流儀」の中で、あの茂木さんが司会してるやつです、福岡で20年にわたってホームレスの自立支援に携わってる奥田知志さんという牧師のことを取り上げてたんですが、その全身全霊を淡々と捧げる姿をみてですねぇ・・・

我が身と比較したんですよ。自分は20年以上 エホバの証人として一生懸命やってきたけれど、他の人のためにどれだけのことができたのだろうか、と。いえむしろ自分の家庭さえ健全に営むことも出来なかったんじゃないか、と。
もし日本中のエホバの証人が、この奥田さんの何分の一でも実際的な方法で活動したなら 多くのことが成し遂げられるんじゃないでしょうか。
奥田さんだけに限られませんよね。
利他的な活動をしている多くの方が日本にいます。

他の人の最善の福祉のために宣べ伝えているとは言っても、実のところ自分の奉仕時間のために動いているエホバの証人は多いですからね。結果的に利己的な生き方をしているわけです。

人のことは言えません。自分だってほんのこの前まで確信を込めて奉仕活動をしていたわけです。


そんな虚しい活動について思い巡らせていた丸太でした。



でも、気が付いたんだから 何かしら人の役に立つようなことをいつかしたいと思います。


あ、今回からここを見てくださってる(ありがとうございます!)JW関係の方が、読みたい記事を見分けられるように、直接的で分かりやすいタイトルにすることにしました。
読みたいブログがたくさんあるから、少しでも手間を省けるように。

今 組織からでようと迷ってる方が見ていてくださったらとっても嬉しいです。中高年には少ないかもしれないけれど、少しでも役に立つといいな。



毎日 結構PCの前にいるんですが、皆さんのブログを読むことに専念してしまっている丸太です~
3月弥生になりましたね。春はもうすぐそこです。

いや、JW一世二世問わず、また現役元問わず、皆さんの記事を読んでいると考えさせられたり元気付けられたりすることが多いです。
現状を打開できずに悩んでいるとしても 皆一生懸命なんですよね。みんながんばってると感銘を受けます。



我が家は 夫が単身赴任とは体裁のいい言い方ですが、実は別居状態に近いんですね。
これはもう一方的な丸太の言い分なんですが、丸太親の介護、看護が一番大変な頃、無理解な(に見えた)夫が月に何度か帰宅すると予定が分かった時点から具合が悪くなっていた丸太を見て、下の子がいろいろ考えたんでしょう。「しばらく家に帰らないでほしい」と夫(つまり父親)に言ったわけなんです。

激怒した夫と下の子がやりあいになりまして、双方言ってはいけない事を投げつけ合う喧嘩となりました。(下の子は小6から集会に行ってない)
自分はまだJWだったし、頭の権のことを言うまでもなく 間に入って仲裁すべきだったんですが、神経が参っていてそんな余裕もなかったんです。

実際 夫がたまに帰ってくると JWに 染まった神経の細い上の子を、丸太がいない間に、怒鳴りつけていつも落ち込ませていたんです。そんなことが続くうちに、両親にも死期が迫っていましたし、夫が家にいると丸太は起き上がれなくなっていたんですよね~ 情けないです・・・

それ以来、夫が家に帰ってくるのは月に一度程度となりました。
いや もうホントに申し訳ないのですが、非常に安堵しました。



やがて丸太も目が覚めて自然消滅するわけなんですが。



それで 最近 その月一で帰ってくる夫と顔を合わせて話してみると、
「なんだ、きわめて普通の人なんだなぁ。」とつくづく思うわけなんです。
サタンの手下だとばかり思っていたその人はほんとうに普通の人だったのです。
夫も平常心にもどったのでしょうね。妻も子も集会や奉仕に行かずに普通の人の生活を送るようになったので。
確かに 普通の良識のある人でなければ、30年以上も大企業にしかも一つの会社に籍をおき、部下にも信頼されて勤めることなどできはしません。

丸太も「負い目」が無くなっておどおどせずに物を言うことができるようになりました。まっすぐ目を見て。


でも時すでに遅し、です。二人の間にできた溝は大きすぎます。夫もそうでしょうが、 丸太も「この人」との将来をちらとでも想像することができないのです。



「エホバの証人」の組織の罪の大きさをつくづく思います。(自分の馬鹿さ加減にもですが)
その 組織の誤りについてはいろいろ思うところがあるのですが
先日 『おくりびと』がアカデミー賞をもらいましたね。おめでとうございます!
自分も昨年観てここの記事にもしたんですが、両親のお葬式の時を重ねて思い入れ深く見たのでこの映画が高く評価されているのを知るととても嬉しいです。

日本古来の葬送の儀式をつぶさに見ると、JWの死者に対する扱い方が実に軽く不条理なものかが対比されて憤りを感じます。



書きたいことがまだあるんですが、長くなるので次回に回しますね。

次回って また二週間後とか???(笑

できるだけ近々に書きます~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。