上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かさわやかな気持ちになれるような楽しい記事を書きたいのですが、JW関係でそれはなかなか望めませんね(;´Д`)


ということで今日はウチの超ラヴリーな猫の話題など。
ここで猫嫌いな方はさよならかもしれませんが、何気に元JWの方には猫好きが多いような・・・

こちらの地方では一昨日の夜から雨が降っていたわけなんですが、昨日は、とある関東地方のとある駅ではこの秋雨に濡れながら嘔吐と下痢に泣いていた方もあるようで・・・
(ごめんなさいゲハジ殿、冗談に使ってしまって。。)




ウチには二匹猫がいるんですが、もう14,5歳になるお兄ちゃん(もう一匹とは他にゃんですが)はとても性格のいいネコたんです。
そして、落ちてくる雨をじっと見てるのが大好きなネコたんです。
たぶん大好きなんだと思います。本人に直接聞いたことはないけど一日中でも外で見てるから。

今年の熱い夏中、エアコンの嫌いなこの猫くんは外にいたくせに、少し涼しくなってからは家にいるんですよ、ずっと。
それなのに雨が降ると、食後にヒョイと外に出て、テラス(つまり外の屋根のあるところ)の縁側もどきにうずくまりずっと飽きずに雨を見てるんです。

何がおもしろいのかなぁ、っと同じ目線で見てみるんですが、ウム、そんなにずっと見るほど魅力的にも感じられない・・・
確かに窓外の雨を見ながら物思いに耽ったりすることがこの丸太にも無いわけではありませんが、ずっと眺めているほどでもないけどなぁ。

何考えてるんだろ?

家族の大方の考えは



「何も考えてない!!!」



なのですが、その横顔を見ていると、いかにも珍しいものを眺めているような面持ちで、詩でも作っているかのような・・・



猫好きは多いけれど、猫研究というのは意外と進んでいないように感じられるのですが、猫って一般に考えられてるよりずっと賢いんじゃないですかね。



夏目漱石の「我輩猫」もご主人にあの名作を書かせるだけの才覚があったのじゃないかしらん。




もうこの雨好きの猫もすっかりおじいちゃんと言える御歳ですが周りの者がどれだけ慰められるかわかりません。

理屈じゃなくってその存在自体が人を慰めるようなそんな人になれたらいいですね。
自分もJW出てからかなり丸みが出てきたようには思うんですけど。



あ、体型じゃないですよ、heartですよ(*´∀`*)

スポンサーサイト
2008.10.20 言葉という剣
言葉ってやっぱり剣にもなるんですよねぇ。

この剣、致命傷にはならないけど結構こたえます。


例の昼豚のオフがあって以来、こんなことなら自ら行けばよかったものを
「どんなんだったのかなぁ。」とあちこちオフ会レポートを読ませていただいていたんですよね。
盛況で楽しかったみたいだし、羨ましくて嘆息しておりました。


でもちょっとどうかな?ということにも気が付いて・・・
いえ、オフそのもののことじゃないですよ。
結論をはっきり言うのがはばかれるので、長ーくなるし、結局何言ってんの?って文章になるかもしれません。それに丸太の空回り的な考えでもあるような・・・
お暇な方だけ読んでくださいね。スミマセン




「世代」という言葉はエホバの証人になってから異様に意識し始めた言葉で、それはハルマゲドンがいつ来るかという関心と共にキーワードにもなってましたよね。
協会の見解がくるくる変わって今では何が何だかもう判らなくなってますが・・・



今考えているのは年齢と言ってもいい狭い世代のことなんですが、
丸太がネットの世界に足を踏み入れたのは本格的には2年前くらいで、同じ世代の方って5年も6年も違わないと思うんですよね。
今の若い人たち、10代、20代、30代くらいの方にとってのネットの関わり方は、丸太の世代、つまり40代後半から50代の世代と違うように感じます。
なんとも恥ずかしいのですが、丸太は未だに文章を書くのはこうしてキーボードを打つよりペンで紙に書いた方がましなものが書けます。でもウチの子達なんかはキーを打つ方が考えてることをうまく表せるって言うんですよ!
スゴイ!!!  スゴすぎる!!!  こう感じる丸太はやっぱり旧世代のおばさんですかね。



時々2チャンネルじゃないんですが、「この世の」某掲示板をROMすることがあって、たぶん書き込むのはアニメオタクの方が多いのじゃないかと思うんですが、
(あ、丸太はオタクの方に全然偏見とか持ってないです。むしろある意味好きなくらいです。こだわりのある人が好きなんですね。だからオタクの方という表現は蔑視を表して使っているのではありません)
読んでいると書き込んでる者同志お互いにとっても言い方が優しいんですね。2チャンネルなど双極の人達がいるからなんとも言えないんですけど、とにかくその掲示板の若者達の言い方がとても優しいので、「ネットに書き込む今の若い世代の人たちってみんな優しいんだねぇ。」と下の子に聞いたことがあって。

そしたらこう言うんですよ。
「うん、それもあるけど、自分が傷付きたくないから控えめな言い方をするんじゃないの?」
「へぇえええ?!?」 そんな風に考えたこともなかった丸太。
傷付けるような言い回しは避けた方がいいけど、自分としては率直な言い方を好むなぁ、と思ったわけです。



JW二世の方をこの例に当てはめるのは無理があるけど、元JW二世(現含む)の方たちのブログやコメントを見てるとホント優しいんですね。控え目と言ってもいいし、謙遜とも言えると思うけれど。それにそんな暗黙の了解が彼らの中にはあるんだと思うんですよ。「平和にやっていこうよ。」みたいな。「さんざん組織の中でも家族の中でも辛い目見てきたんだから、ここでは傷つけ合うのはやめようぜ。」みたいな。
それを丸太は尊重したいと思います。


それに多分自分自身もそんな柔らかい取り決めみたいな中でブログをやっていきたいと望んでいたし、実際そんな若者や優しい元一世の言葉で癒されてきました。



でもまぁ、組織の提案に逆らってまで批判系JWのブログをROMするだけでなく堂々と超激しく批判の言葉を吐く現役の人もいますが、案外元一世の方の言葉もきついものがありますね。

若い人たちの暗黙の了解などという空気が読めてないのかなぁ、とも感じますが(自分もそんなところがあるので・・・)、一世の中には脱JWしても「真理を探究したい」という欲求を持つ人がいるとしても、元二世たちの多くはもうできたらJWや宗教には関わりたくない、正道だの定義の正確さなど求めてはいないんじゃないですかね。
一方元一世の人たちの中には、今でも「正しい道筋」を求めている人が案外いて、しかもJW特有の「白か黒」みたいな求め方をする方たちがいらっしゃるように感じます。自由なんですよ、白黒はっきりさせたいと思っても。でももう今まで「真理」の名のもとに傷付いた若い人たちは「心理の探求」には嫌悪感すらあるんじゃないでしょうか。

ただ自分は離れても愛する家族が人質みたいにJWに残っているゆえに自分の立場が定められない苦しんでいる若者もいらっしゃいます。そんな立場の方に微力でも少しでも役に立つ情報とか考えとかをゆるやかに提供するのは「あり」でしょうが、見え見えで某掲示板のこの言葉はどうのこうのと個人批判にもなり得ることを言ったり、二世の若い人のこういうところができてない、とかの批判を見るとほんとうにがっかりします。

オブラートで包んで飲みやすいように言葉を工夫している若者に、年長者が「オブラートなんか子供が使うものよ!」と言って投げ捨てるるような、
あるいは強いボールを思いっきり投げて受け取れない子供に「取れないんだったら外に出ててろ!」なんつってドッチボールをハネにしたりするようなそんな感じがするんですよね。




実際その人と同じことを経験してみないとほんとうのところは他の人には決してわかりませんよ。組織の中に入って組織の提案を実際に聞き、組織の勧めるように集まり奉仕し個人研究してみなければ・・・

物心ついた頃から思春期、成人してまで、親の価値観を押し付けらてみなければ。
非信者の反対や冷遇に耐えてエホバに仕えてみなければ。
カルトにだまされ傷付けられたとは言え、一世はまだいいんですよ。自ら選んで入ったんだから・・・ それに反対者とは言え多くの場合家族にある意味支えられてきたんだから・・・

でも二世の人たちをこれ以上傷付けては絶対にいけません。
ネットで傷を舐め合ったっていいじゃないですか。ほめておだててあげてもいいじゃないですか。若い人たちも少しづつ力をもらって進んでいくんですよ。





ああ、なんかだんだん熱くなってきた・・・ イカンイカン
これってエホバの名残かしら・・・
いえ、元々の性格です。
だから文章書くのにすごく気を遣ってきたのですが、今回はちょっと言わせてもらいたいなぁ、と。



結論は今考えているんですけど・・・





優しくいこうよ、ってことですね。いたわっていこうよ。
 (強調のために「優しい」を三回太字にしときました・・・汗)



でもこんな記事書いたらもうこのブログもやめなきゃいけなくなるかもね。
やめるのはいいんだけど、ここにコメントしてくださる大好きな方々とコミニケーションが取れなくなるとすごく寂しいな~


やめてもなんとか連絡とか取れるのかしら・・・


2008.10.17 奇襲!!!
今週が巡回訪問だということをすっかり忘れておりました!
仕事が忙しかったり、関東地方に同志が集まってるのに気を取られてました・・・





きょうの午後。
家の前に軽自動車のエンジン音が・・・
宅配便を待っていたので二階の窓から思いっきり覗くと(窓越しに)、な、な、なんと!!!
巡回監督と長老が門の前に立っているではありませんか!
不意打ちくらったーーー



いやもしかしたらもしかして、と数週間前には色々考えていたのですが、肝心の今週すっかり忘れてました~(;´Д`)



目と目が合ったような・・・
あの巡回監督すんごい観察眼だからなぁ・・・
二階を見てたんもんなー


もちろん居留守つかいました。会いたくもありませんっ。
でもお恥ずかしい話、そーっと下に降りて右往左往してしまいました・・・
この根性なし!!!
もうそろそろ不活発者認定になるころだから気合入れていかないと。
早く世の中にどっぷり浸からないと。 




夕方 当の長老から「きょう姉妹のお家にお邪魔したんですよー( ^ω^ )」とメールが来ておりました。
ガクブルガクブル(l|゚Д゚l|l)
やんわり謝っときました。
まぁ、庭がえらいことになってるから、「やっぱり姉妹は調子が悪いんでしょうね~。」って推察してもらえたでしょう(笑



こういうドッキリってほんと体にも心にもよくないですよね~


早くすんなり脱退できるようになってもらわなくては・・・

天高く○○肥ゆる秋。
○○には誰の名前が入るのでしょう・・・

食欲が止まりません丸太です(笑

ほとんど欠かさず歩いて5ヶ月、ちっとも痩せませんけど何か?



先日定期健診に行ってきました。
この日までに去年よりは少しでも体重を減らしたいと目論んでいましたが、結局100gも違わなかったのでは・・・汗

元々血圧も低めだし、血液検査も異常値はないのですが、もう少し痩せた方が見映えがいいんですよね・・・
最後の生活指導(?)で
「5ヶ月歩いてるんですけどちっとも痩せません。」と駄々をこねますと、去年の血液検査の数値より随分値が下がっているので効果があらわれていると慰められました。
毎年同じ所に行っているので、ちゃんと前年値と比較してくださるんですよ。
いやホント、数値が下がってる!!! すごいですね!ウォーキングの効果!善玉コレステロールも増えてました!
「これからも今の調子で頑張ってくださいね(*´∀`*)」と若くて綺麗でスマートなお姉さんに激励されました。
軽くジョギングするとうんとカロリーを消費するみたいで、歩く最後に少しづつ走ってます。地面が靴の裏から引っ張るかのように自分の体が重く感じられてビックリです。しばらく走ったことがなかったので・・・ これからまた頑張ります^^



お仕事の方もお客さんが増えて(この表現は合わないかな、難しい)忙しくしております~


忙しい忙しいとか言いながらちゃっかり映画に行ってきました。
一本は『パコと魔法の絵本』。
『二十世紀少年』を観るつもりがなぜか『パコ』を観ました。さながら絵本のようで色彩が独特でなかなかよかったです。とっても不調和な色遣いなのに、雰囲気がいいんですよね。勉強になりましたし、よい刺激を受けました。

もう一本は某Dさんお勧めの『おくりびと』。丸太も行きたいと思っていたのですが、よかったですよ~。
チェリストの仕事を失い、故郷に戻って納棺師という仕事についた男性と彼に関わる人々の物語です。
まずチェロの音がよかった。
好きなんですよ、弦楽器。
山形、庄内の景色と音楽がマッチしてとても美しかったです。
本木さんも良かったし、末広涼子さんの役が今時珍しいというか楚々とした優しい優しい女性でなんだかホッとしました。
隣りの席の女性はずっとうるうるしておられました。丸太もかなりハンカチ使いましたよ~

「納棺師」
父が亡くなったときは寝たきりの母の世話にかこつけて通夜に立ち会わなかったので、全く見ていないのですが、母のときは部屋の隅で見守っていました。
非常に印象に残ったんですよね。現役バリバリのエホバの証人でしたが、正直感動しました。
若い女性の方が主にしてくださったのですが、きびきびしていて無駄が無く、さりとて冷淡ということもなく、大切な人を見送る親族に寄り添っているような感じでした。
母の時は「湯灌」と言ってお風呂で洗うということもしてくださったのですが、訪問入浴みたいな感じです。頭も洗ってくださったんですよ。肌を見せないように実に巧みにしてくださいました。
映画では体を拭く設定でしたが、儀式を通して見守る人の心を整えることができるんだなぁ、と強く感じました。

JWだけの家族の場合、告別式に至る経緯をよく知らないのですが、以前ある証人の方の訃報を聞いてかけつけると、すでに荼毘にふされて亡骸に会うことはできませんでした。ゆっくりお別れというわけにいかないんですね。法律上の期間は守られたのでしょうが、あまりの軽い扱いにびっくりしました(もちろん軽いと感じたのは丸太の印象ですが)
復活でまた会えるからいいんでしょうね。
愛する人とゆっくりお別れするよりエホバからの不興を買わないようにする方が大事なんですよね。
一時が万事です。
子供の意思より組織の意思。自分や家族の生活より伝道活動や集会。
優先するものがすべて逆です。むしろ大切にすべきことを大切にする人を蔑む。
自分が長い間身を置いた宗教が、聖書の言う「自然の情愛を持たない者」の最たる成就というのは、なんとも残念で恥ずかしく思います。


普通の方がとても大切にする儀式を台無しにするんですから、エホバの証人が親族から非難されるのは当然ですね。

生きるということ、人を見送るということ、親子、夫婦、職業に対する見方、色んなことを考えさせられた素晴しい映画でしたよ。
皆さんも是非どうぞ。



きょうのタイトルは秋になると必ず思い出す短歌の一節です。
「曼珠沙華 ひとむら萌えて 秋日強し そこ過ぎている 静かなる径」。
高校の時に習ったのですがなぜか忘れられないのです。情景が浮かぶようでしょ?


2008.10.02 日日是好日
明日、10月2日・木曜日は全国的に澄んだ秋空になるようですね。
まるで丸太の心の中のようです。

っとここまで言うとちょっと大袈裟ですが
落ち着いた意欲のある生活を送っています。


つくづく思いきってJWブログを始めて良かったんだなぁ、っと思う今日この頃です。

ネット空間ではあれ、出会った人達に恵まれたんだと思います。




某ゲハジさんのブログが面白くて、それが始めるきっかけになったようなものなのですが、
某ゲハジさんをはじめ皆さん優しくて、短くてもそれぞれのコメントのやりとりに元気付けられたんだと思うのです。
気遣いが伝わってくるんですよね。
こんな一世のおばさんのとぼけたコメントにも丁寧にレスしてくださり、笑わせてくださったり励ましてくださったり、ほんとうに有難いことです。感謝です。


思い返せば、たまたま開いた「jwic.com」に釘付けになったのが、ちょうど一年ちょっと前。
 (JWのサイトを見たことなかったから勘違いしたんですね。ラッキーなアホです・・・)
それ以来すごい精神的な闘いでした。
数年前からなんとなくおかしいとは感じていたものの、おハズカシイ話、楽園での永遠の命を心底信じていたんですから。

エホバ、イエス、聖書に関してはまだ「これが道だ!」という信条はもてないのですが、もうゆっくりでいいと考えています。
出来る範囲で人と自然に優しく接して生きていけば、自ずと答えは与えられるのではないか。。そのように思えてきました。



丸太の拙いブログにコメントしてくださった皆さん、跡は残さなくても気に留めて読んでくださったすべての皆さんに、この場を借りてお礼を申し上げます。
ほんとうにありがとうございました。





なんて書くともう止めるみたいですね(笑

まだまだもうしばらくは続けますよ。  
「エホバとイエス・キリスト、そしてわたし」などと大そうなブログ名を掲げて、まだほとんどエホバのお名前が出てきていないんですよね。このブログ(;´Д`)

エホバ、エホバと毎日祈ってきたこの20数年。
なぜエホバの存在に疑問をもつのかをもう少し自分なりに整理しなくてはなりますまい。
JWという組織に対してだけではないのです。エホバという神の存在そのものに、です。
丸太的に、とっても大切な人に「さよなら」も言わずに別れてしまった感じなんですよね。



とにかく、
もし何の助けもなくきょうまで一人でこの喪失感と闘ってきたなら、今のこの健全な精神の自分はいなかったのではないかと。

もしJWを抜けたいとか、集会に行かなくなって悶々としているとかいう方があったら、可能なら、こうしてブログなどで思いの発露の手段を作られることをお勧めします。
きっと誰かがそっと助けになってくれますよ。


あ、それから悩みながらも毎日を一生懸命に走っておられる元二世の方の姿を、ブログを通して拝見したのも励みになりました。一世の自分はコメントを残すのをためらったりしますが、心の中でいつも応援しています。


丸太もまだまだ未解決の問題もあるけれど、そんな日々奮闘しておられるみなさんに負けないように頑張っていきますね。


幸い自宅でコツコツ一人作業のお仕事の勘も戻り、やる気も出てきて順調なすべり出しです。
あとは人と交われる(笑)サークルのようなものに入れたらなぁ、と思案しています。できたらゴスペルをやってみたいんだけど、地元にには無いみたいなんですよね。それがすごく残念です~





とこんな調子で元気にやっております(*´∀`*)





最後に忘れるところだった・・・

遠い地でがんばっている我が子の姿にもどれほど力付けられたかわかりません。

JWで振り回してしまったこの母に変わらぬ愛をありがとう。
母もあなたを心から応援してますからね。グスン




ごく個人的なコメントで失礼しました。

読んでないかもしれないけど、ま、いいかっ。

(親御さんと難しくなってる二世の方もごめんなさいね。こんなこと書いて。今日だけ書かせてくださいね。)




それではそれではごきげんよう(*´∀`*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。