上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちが帰ってくるとこうもバタバタするものか。。

楽しいのですが、半病人なもので(ドクター曰く「病人」)。

やっぱり普段野菜不足だろうとか、食費も倹約してるだろうとか
母心で食事に力入れるので、買い物とかがちょっと大変です。




暑くなりましたね~

丸太は今、心が熱くなってまして、
司馬さんの本読んでると、幕末から明治にかけての日本の「革命」もっと知りたいー!
って気持ちになってます。

若いとき何やってたんだか。

年取ると勉強したくなるってホントですね~^^

スポンサーサイト
2012.06.21 読書

最近、司馬遼太郎の「世に棲む日日」を読んでいます。
気が付いたのですが、いろいろな小説やドラマの中でその一端は知っていても
吉田松陰に関して詳しくは知らないということでした。


丸太、周防の出身なものですから、(周防と長門で長州藩)、
松下村塾には遠足でも行ったし(俳句が課題で出た・・・汗)
個人的にも何度か訪れたことがあったのですが
松陰個人については、というか人柄についてあまり知りませんでした。

なんと、時代背景もあるとは言え、こんな純粋な若者がいたんですねぇ。
叱られるかもしれませんが、ある意味バ○者です(○にカを入れてください)。
うまく処世していたら、もっと多くの業績を残した天才なのに!

坂本龍馬にしても、発達障害だったなどと言われてもいるみたいですが、
不用心にもほどがありますよね。
各方面からの追っ手がせまっていたのに。

松陰に至っては
尋問者を頭から信じて
尋ねなれてもいないことをペラペラしゃべったことが災いとなっています。
人を疑うということを知らない若者だったのですね。

それにしても、自分が育った田舎の県民性については
今まで転勤で移動した中ではもっとも好ましいと感じていましたが
「世に棲む日日」を読んで一層その感を強くしました。
もちろん個人の違いはあるにしても、総じて真面目で他の人に対して寛大。
口下手ですが、正直な人が多いです。
これは丸太の家族、また親族全体をも貫いている精神のように思います。



この時代の人々から学ぶこと大ですが、
特に松陰吉田寅二郎の最初の江戸留学中の食事に関して。
(やっぱり食い気か。。)

金銭的余裕もないため、ご飯以外は味噌(金山寺のなめみそ)と梅干だけで三食過ごしてます。
特別な日だけ、それにかつお節を付けたりしていますが、
学問のためにここまでできるとはすごいです。
もちろん、武士とはいえ総じて貧しい時代ではありましたけれども
お酒が無くてはすまない士もたくさんいましたし、女性がいなくてもすまない人も。。


長い江戸幕府の時代に倦んでいた若者もたくさんいたでしょうから
天下に大望を持った人も多くいた時代ではあるでしょう。
外的圧力が加わって、沸騰したとはいえ、やはり幕末から明治はすごいですね。

面白いです。



行ってきましたよ、月島に! もんじゃ食してきました(*´∀`*)

月島

もんじゃ
これは途中。土手があります。湯気で見えません。

もんじゃ
完成! 歓声!



どこ行くにも事前事後に地図見るのが好きな丸太ですが、
今、先日友だちと連れ立って行った場所をネットで見ながら
「おお! こことここに行ったのかーっ! こういう風に電車乗り継いだのかー!」と
感嘆しております。

「月島」と言えば、まず思い浮かぶのが
浅田次郎さんの『月島慕情』ですが
わたしたちは「もんじゃ」です(笑

丸太は西国のほうで普通のお好み焼きをいやというほど食べてきましたので
テレビなどの画像で見る、あのなんとも仕上がり感のない食べ物に一抹の不安を感じていましたが
実際 超美味しかったです!!!
ビールにもぴったり!
「めんたいこチーズもんじゃ」に「海鮮もんじゃにかきトッピング」。最高!

熟練した女将さんに作り方を教わりました。
なかなかのコツがあるんですね。
次回いつ月島に行くかは分かりませんが、もんじゃまた食べたいなぁ。

「もんじゃ食べたい~~~」と言ってくれた友人に感謝です。
また主に コテを操っておいしいもんじゃを焼いてくれた友人にも感謝。



最近ちょっと風邪気味なんですが、ハナも咳も出ないし、熱もないのですが
体がだるくて、きょうは午後眠くて眠くて起きていられなくて、六時間くらい寝てしまいました。
途中目は覚めるのですが、どうしても起きれないんですよ。
こんな経験は初めてです(あ、熱がある時は長時間寝たりしますが。。)


忙しかったり、楽しいことがあれやこれやと続いて、読書の方がちっとも進みません(泣
「竜馬がゆく」をまだ読了していませんで、今七巻の終盤ですが、大河ドラマに抜きつ抜かれつしながら読んでます。
八巻までだから、あと少しです。ってことは竜馬暗殺まであと少しということですね。シンミリ

平行して、小川洋子さんと あの数学者の藤原正彦さん(国家の品格等書いた人)の対談集と
「理科のおさらい 物理」(おとなの学習)を。
その間に、なぜか読みたくなって『阿弥陀堂だより』を一気に読みました。

小川洋子さんの『博士の愛した数式』がとてもよく書かれていて、当時感激したものですが
なぜ小川洋子さんがあんなに数学に詳しいのか不思議だったんですよねー
「数式の美しさ」に物書きとして惹かれて、物書きとしての疑問を持ったりアプローチをしたりして
あの心あたたまる話ができたようです。もちろんリサーチもかなりされたんでしょうけれど。
詳しい内容をちょっと忘れてしまって。すみません。中途半端な書き方で。
藤原正彦さんも面白い人だし、あの人の成り立ち事態が超贅沢だけれども(笑)(両親が新田次郎さん、藤原ていさん)
経た経験もすごいんですよね。満州引き上げ時の。



話は飛ぶんですが『理科のおさらい』が目からうろこで面白いんですよ。
こんな風に教えてもらっていたら、じぶんも理科系人間のはしくれになれたかもしれないのに。。(いや無理か。。
これ書いた人はホントに頭が良くて親切だと思います。



そうこうしていたら
先日、新宿の紀伊国屋書店で『超訳 ニーチェの言葉』というのが山積みにされてまして。
もうちょっとで買うところでした。 
ペラペラっとめくってみて「へぇ、ニーチェってこんなポジティブなことも言ってたのかー!?!」と驚いてですね。
これ文庫本になったら買いたいな~



どこかで線引きしないとホント本の積んどくになりそうです。
もうそんなに人生残ってないのにね(寂


系統立てて読みたいのですが、誰か手引きしてくれないかしらん。




あ、もうこんな時間だ(((;゚Д゚))

明日仕事だから寝なきゃ。



2010.10.22 ブラタモリ

NHKの番組「ブラタモリ」ってご存ですか?
丸太この番組のファンでねぇ^^


昨日(10月21日)は新宿・水道編でした。

大都市東京の水がどのようにして賄われているか、また過去に賄われていたかを
興味深く紹介していました。
ホントあの番組おもしろいです。

古地図と現在の建物とか地形を比較しながら、タモリさんとアナウンサーが歩くんですね。
(アナウンサーは今、七時のニュース等に出てる清楚でかわいい人です)



玉川上水の成り立ち。
***承応元年(1652年)11月、幕府により江戸の飲料水不足を解消するため多摩川からの上水開削が計画された。***
(Wikiより)
なぜ多摩川から取水しているのに「玉川上水」と呼ぶのか理由がわかりました。
玉川という姓の兄弟がこの工事を難航の上に難航を重ねて完成させたんですね。
非常に難しい工事だったようです。

当時爆発的に増えた江戸庶民の水供給を助けた人造の川だったんですねぇ。
しかも今でも一部東京都民の必要を賄っているようです。
新宿の地下には巨大な上水のプールがあるんですよー



次回は上野を再放送するようですから、是非ご覧ください。
丸太、以前も見ましたが、再度拝見します(*´∀`*)



去年、東京さ行くべーって田舎で計画してたころ、この番組が始まりまして
丸太、正直タモリさん苦手だったんですが、例によってコロッと変わりました(笑
「古地図」に照らして現在の東京を歩く。
ステキじゃないですかー!

マジでタモリさんに弟子入りしたいと思ったりして、ただのファンレターじゃだめだろうから
何か一発芸でも。。とか考えてましたが、何せ引越しのどさくさでこの計画は立ち消えになり
番組も終了したのでしたorz


それが!
やっぱり見てる人は見てたんですねーーー!
要望が多く、復活したんですよ、この番組!

知識ばかりが増してる丸太です。
何せ、京都、東京といえば、歴史の要に大事件がたくさん起きた場所ですからね~
知りたいじゃないですか、いろいろと。 多くの血を吸って、大地が語っているに違いありません。




おっと、お土産の干し貝柱で炊いてるご飯のいい匂いがしてきました。

のんびり記事書いてる場合じゃねえ。


それではまた。


2010.03.27 楽園


「光陰矢の如し」~~~


時間が早く経ち過ぎて焦ります。。







今、宮部みゆき氏の『楽園』を読んでるんですが

最初に出てくるキーパーソンのおばさんがね、53歳なんですわ。

それでもって
いかにもその年齢らしい服装と雰囲気で描かれていて

まぁ、属にいう「おばさん」ですね。(超おばさんっぽく描かれている)

「おばあさん」と呼ばれるにはあと15年くらいある(と言わせてw)、そんな妙齢です。






最初で衝撃を受けました。。

丸太、まさにその年齢です。。




そうね、そうよね~。すっかりおばさんの年齢よね~。ここに書かれているような。。









受ける衝撃の意味合いが著者の意図と全く異なっていましたが

宮部さん読ませますね~

推理小説って普段あまり読まないのですが

いや本当に自分で事の真相は何か推理したくなります。

昨日はお風呂の中であれやこれやと推理してしまいました。




あと少し残すばかりですが

早く読みたいけど、なんか急ぐのはもったいない。

そんな気分でおります。










冒頭に出てくる萩谷敏子。

善良であったかい人なんです。





おばさんでもいい。

こんな人柄を目指したいと思います(*´∀`*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。